アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月17日

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)アニメ24話 評価/レビュー

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)24話加藤マリカのレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


ドヤ顔のマリカさん曰く、
『勝てない勝負はしないのが海賊よ!』
『弁天丸は尻尾を巻いて逃げますっ!』
トホホ・・・やっぱり安定の肩透かし
以下、『モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)24話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




余計なヨット部メンバーが登場しなかったのは良かったけど、
勢いに任せた雑な展開を結構やってます。


ドヤ顔のマリカ船長にイライラ。

先週の「ケンカ買ったるっ!」発言は、やっぱり只のフックでした・・・
グランドクロスに一泡吹かせてやる!ってニュアンスだと思ったら、
冒頭から逃げ宣言・・・コレが『機動戦艦ナデシコ』のミスマル・ユリカ
みたいなキャラによる発言だったなら「らしい」と思えるのに、
マリカ船長の場合は妙にイラッとなります。「クルーに的確な指示を
出してるっ!」っぽい描写もイライラを助長させてるのかも。


そもそも逃げ戦術自体がバカバカしい。
チアキに「反転すれば狙い打ちされる」と補足説明させているにも
拘わらず結局は反転。グランドクロスが高速追尾してきたらまた反転して、
結局は玉砕覚悟の砲撃戦・・・なんじゃそりゃ!何かがオカシイ!
観てる側に「さっさと超光速跳躍して逃げろよっ!」と思わせたら負けだと
思うんですよね・・・今まで制約を設けず、安易に超光速跳躍を使ってきた
ツケが廻ってきてませんか


クォーツ・クリスティアからのツッコミは評価したい!

視聴者の代弁とも思える海賊の存在価値に対する指摘・・・よくぞ言ってくれた
こんな自虐ネタで痛快感を覚えるのも皮肉な話ですけど。
さて問題はマリカ船長。ココは海賊の存在価値を視聴者にアピールできる
絶好のチャンス!なのに「居場所が無くなるのは困る」的なガッカリな返答・・・
ま、それ位しか反論できない所に「海賊設定の無理」が露呈しちゃってます。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。