アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月12日

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)アニメ6話 評価/レビュー

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)6話加藤マリカのレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


加藤マリカが海賊船長になると決意した心理背景を語ってましたが、やっぱりその程度なのね...
これと言ってグッと惹かれる要素は有りません


以下『モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)6話』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。





冒頭、水着回キタッーと思わせておいての急展開。
ま、コッチは水着なんぞに興味は無いんですけどね!


事務処理⇒弁天丸へ⇒見習い訓練⇒海賊営業の初仕事...
いやはや尺的に切れ目が良かったのか結構詰め込んだ印象。
「宇宙海賊とは?」をマリカと一緒に視聴者が学習した回でもあります。


ナルホド、忘却されつつある貴重な存在を逆手に取って
エンタメショーとして報酬を得る!と。
もし違法海賊が横行してる設定だったなら、正規軍がやってくれない
豪華客船の護衛業務とかも有ったりするのかな?
でも客の反応は安心しきってるから、違法海賊は居ないって事か...


1つ不満を。
マリカにとって弁天丸及びクルーとは初対面ですよね?
クルー視点なら、マリカは「将来の艦長」であり「元艦長の娘」という
特別な存在ですよね?なのに何で互いのファーストコンタクトシーンを
端折ってる?上で「結構詰め込んだ印象」と書きましたが、確かにテンポは
出てたかも知れない。でもファーストコンタクトの描写って割と重要で、
面白くも出来ると思うのですが...
マリカが覚えるであろうワクテカ感も表現できそうだし、
マリカに対する弁天丸クルーの思惑も表現できるだろうし...
なんか普通にスルーしちゃうのは勿体無いし、モヤモヤします


相変わらず説明が丁寧で、ポカーンとならない展開は好感が持てます。
がっ!グッと惹きつけられるモノが何か足りない...
肝心なシーンを端折って上っ面だけで進行してる印象が拭えません。
次回、またワクテカ展開が始まるようなので期待してます。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。