アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月28日

ペルソナ4(Persona4 the ANIMATION)アニメ 評価/レビュー

ペルソナ4(Persona4 the ANIMATION)のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

ミステリーしてて意外だった


「視聴時間に対する満足度」を考えればパフォーマンスは上々。バトルパートはどうでもいいけど、家族・学校を絡めた日常パートが楽しめました。もちろんミステリー要素を含めた構成の素晴らしさが効果的。

以下、『ペルソナ4(Persona4 the ANIMATION)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




面白かったです。構成がシッカリしてたので視聴中にストレスを
感じさせない点もポイントが高い。


ミステリーとしても上々の出来。

序盤はペルソナ中心の異世界バトル物かと思っていたので、シッカリした
ミステリーとして楽しめたのは意外でした。「真犯人が意外」って意味じゃ無く、
流れるような自然な構成が目から鱗って意味。
生田目と鳴上達は双方が正義感で行動しているのに、事件を複雑化させる
原因になってる辺りは巧い!久保がモロキンを殺人対象にした背景は
ピンときませんが、大した不満ではありません。


不自然なのに自然な主人公の鳴上悠に好感が持てる。

ドタバタせずに冷静沈着な感じが好印象。時折見せるボケた感じも含めて
「一見不自然」なのに「トータルしたら自然」な主人公。説明が難しい・・・
作中で「ジゴロ」と揶揄されるけどホント天然ジゴロ!
その対象は女だけに留まらず花村・クマ・最終回に至っては姪っ子まで!
でも鳴上悠の立ち振舞いが自然なので、すごい説得力を感じる訳です。
まぁ今作に恋愛要素を求めちゃうと肩透かしを喰らうのかも・・・
久慈川りせを除けばフラグだけ立てて全部スルーしてるし。個人的には
ソコがメインでは無く、主人公の魅力を強調する手法として捉えてます。


シッカリと家族してる!シッカリと学生してる!

ミステリー要素で筋を通して「バトルパート」と「日常パート」に大別できる構成。
この「日常パート」で主人公廻りの家族をキッチリ押さえてます。
最近のアニメじゃ軽視されてるので好印象。菜々子チャンの活かし方が上手い?
もう1つ「日常パート」で注目すべきは、学園生活をシッカリ描いている事。
このアニメ系統って学園生活を邪険にしてる構成パターンが多いから、
ココでも構成の上手さを感じます。
下級生が上級生に対して丁寧口調を使っている雰囲気も良かった。


バトルパートがメインと思っていないけど、些細な愚痴を2つほど。

1つ目は鳴上のペルソナが次々増えちゃう事と、ゴリ押しバトルなのが勿体無い・・・
せめて登場が2~3体だけならペルソナへの愛着も湧きそうですけど。
バトルも知能要素が皆無のゴリ押し一辺倒なので、どうでもよく思えちゃう。
2つ目は終盤の展開。ぶっちゃけ尺が余って引き延ばしてる印象です。
足立の主張自体に不満はないけど、もう少しコンパクトに魅せて欲しかった・・・

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。