アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月01日

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)アニメ26話 評価/レビュー

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)26話加藤マリカのレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


最終回だし、やっぱりマリカ船長の決めポーズで締めておこう。にしても、表情のバリエーションは乏しい主人公だった気がします。
以下、『モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)26話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




海賊の存在理由に対する、加藤マリカの意味不明な返答。

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)26話加藤マリカのレビュー画像2『何故私が海賊なのか・・・それは私が加藤マリカだから!』『だって問題にもなってないんだもん!お相子だよ!』
だめだコリャ・・・もう1回蒸し返してまで返答する内容じゃ無い!クォーツ・クリスティアの質問は的を得てるから、ハグラかすにも程がある・・・
結局、痛い処を突かれて『細けぇ事はいいんだよ』って開き直る自爆ネタとしか思えません


結局、ビーム攪乱幕が最強ってことで・・・

1機単体でも無敵と思えるグランドクロスを3機に増量(笑)
で、敵の視界まで奪っちゃうビーム攪乱幕、万能すぎて最強です!
売りの1つだった「電子戦」とは一体何だったのか
ぶっちゃけ戦術的にも演出的にも空気すぎ
使いこなせない設定は、最初から止めときゃ良いのにとさえ思えます。
そもそもこのアニメでの不満を占めるヌルい世界観は、
「電子戦でほぼケリが付く」って序盤の説明で暗示されてたのが皮肉。


もう1つ、「ココこそが分身の術の出番だろっ!」なんて思っちゃう
以前に単艦逃亡時で使用するより全然盛り上がる。攻撃中しかも
全艦隊が同時使用したら面白そうな戦術に利用できませんか?


最後にどーでもいい事を。

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)26話グリューエル・セレニティのレビュー画像「鉄の髭」と対面するグリューエル。クォーツはホッタラカシで、結局何をしに来たんですかゴンザエモンさん・・・それよりも「鉄の髭」を立体映像で見た時、弁天丸クルーの反応が奇妙に思えちゃう。
アレは皆で示し合わせた演技だったのか、それとも素で正体が分かってないテキトー描写だったのか?ま、ど~でもいいですね。


関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。