アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月05日

DOG DAYS(ドッグデイズ)アニメ 評価/レビュー

DOG DAYS(ドッグデイズ)のレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

妙に心地良い世界観


感情を揺さぶる物語では決してありませんが、不思議と楽しめました。個人の好みなんて千差万別なので、受け付けない人も居そうですが。

以下、『DOG DAYS(ドッグデイズ)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




いやはや、予想してたより楽しめました。しかし同クール放送の
『アスタロッテのおもちゃ!』も似たような始まり方だったんじゃ・・・
まぁ内容が全く違うからどうでもいいですね。


ストーリー的には感情のツボが刺激されない平凡な出来
でも何故だか観てて心地が良いし、ストレスも湧かない
不思議とドタバタ感が無いんですよね。
安易なハーレム展開じゃない所も好感が持てます。


「ミルヒオーレ」と「レオ閣下」がツボでした。

DOGDAYS(ドッグデイズ)ミルヒオーレのレビュー画像2人とも落ち着きがあってキャラが五月蝿くないのがすごく良い!
もし「ミルヒオーレ」がツンデレ姫だったり「レオ閣下」が暴力脳筋キャラだったなら、そこまで楽しめなかったと思います。


DOGDAYS(ドッグデイズ)レオ閣下のレビュー画像にしても、獣耳キャラを無理なく使う設定を上手く考えてます。最初は犬国・猫国で領土の線引きがあるのかと思いましたが、兎とか狐もいたし結構アバウト設定なのかも。


両国のバトル設定も突き抜けてます。兵士がやられて丸っこいキャラが笑顔で吹っ飛んでいく描写は、ウン!「有り」です。この描き方こそが『ドックデイズ』の世界観を表す全てですね


以下、些細な愚痴を。

1つ目、せっかく耳と尻尾が付いたキャラなんだから、
動きを付けて心理描写を反映して欲しかった
・・・
もちろん所々で意図的に活用してましたが、
もっと徹底して喜怒哀楽を表現できてたら面白いのに。


2つ目、シンクがミルヒ姫を犬扱いしてる様に映るのは勿体無い
フリスビーを投げたり、突然あご下を撫でたりとか。
ミルヒ本人は喜んでるから良いんだけど、不満なのはシンクの行動が
唐突に見えちゃってる所。とにかくワンクッションが欲しい!
「この世界の住人はこうゆう事で気持ち良くなれる」って前提を
シンクに印象付けるエピソードが序盤に有ってもバチは当たらない。


3つ目、魔法を使う主要キャラと一般モブ兵の力量差がありすぎて・・・
もちろんズレた愚痴である事は自覚してます。ただ魔法一閃で
玉になって吹っ飛んでいく一般兵が哀れで哀れで・・・
ホントに競技を楽しめてるのかな?なんて思えちゃう訳です。


最後、続編に向けての心配を。

続編があるなら、今度はレベッカも同行するのでしょう。
心配なのは、レベッカの存在により恋愛話が膨らむ代償として
物語の締め方が難しくなるんじゃないかと。
とにかくダラダラと続ける先送り展開は止めて欲しい!

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。