アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月07日

あの夏で待ってる(アニメ9話) 評価/レビュー

あの夏で待ってる9話貴月イチカのレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


宇宙人という秘密を正直に告白する貴月イチカ。
瞬間移動・宇宙船まで披露したのは、言葉の説明だけじゃ遠回りだし良かったのでは。


以下、『あの夏で待ってる 9話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。





さて、地球での時間が残り少ない事を悟ったイチカ先輩。
本来の目的である「記憶にある風景」探しにようやく取り掛かりました。
この「記憶にある・・・」って辺りがラストのオチに直結するのかな?
でも、迷惑が及ぶから海人との距離を取るだけって流れは無理を感じます・・・
皆の周りからヒッソリ姿を消すのなら分かるけど。
そりゃ海人でなくても「何で?風景探しに協力するよ?」ってなるでしょ。
あと都合良く檸檬先輩と出くわして語らせるよりは、海人自らが決意して
風景探しを始める方が主人公としての株が上がったと思いますよ?


なんだかんだで柑菜がイチカ先輩に告白・・・あぁやっぱりこうゆう役回り。
早朝、泣きながら帰る柑菜・・・待ち伏せてる哲郎・・・隠れている美桜・・・
もうね、ストーカー連鎖が酷くてコメディです。クドイですが「早朝」ですからね!
出来すぎてるシチュエーションは、ものすご~く醒めますよ?


ラスト、イチャつく2人。
イチカ先輩によるお姉さん風味のセリフ、良いです!反則です!
でも、やっぱりキターーッとはなりません・・・微笑ましいとは思うけど。


最後に恒例の『めぞん一刻』こじつけシーン。

柑菜が海人の笑顔に注目してハッとする流れは、
三鷹自宅での九条明日菜との結婚前エピソードを連想させます。
人間って楽しくなくても嬉しくなくても笑えるんですよね・・・

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。