アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月08日

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)アニメ 評価/レビュー

AngelBeats!(エンジェルビーツ)のレビュー画像

個人評価

星 1つ
★☆☆☆
☆☆☆☆

違和感の特盛りアニメ


プロットの初期チェック段階で誰も違和感を感じなかったのでしょうか・・・エンドレス系コメディなら割り切って視聴できるけど、結末の存在する連続ストーリーな訳だから当然そうゆう目線にもなります。

以下、『AngelBeats!(エンジェルビーツ)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




これほどまでに違和感を覚えるアニメも珍しいです。
長くなるので細かい点は割愛して、大雑把に4点ほど・・・


「かなで」を「天使」と称して戦っている理由がよく分からない。

過去に「かなで」とどんな経緯があったのか描写が無いので意味不明・・・
加えて銃で戦っても意味が無いと分かりきってるのに、同じ事を繰り返す・・・
「かなで」は普通の生活をしてて神出鬼没で対応が難しい訳でもないのに、
戦線の方から能動的に敵をどうにかしようって発想も無い・・・
ウン、訳が分かりません。


何をもってして成仏するのか、結局よく分からない。

コレって今作において最重要テーマだと思うんですけど?
なのに設定がフワフワしてて行き当たりバッタリとしか思えない。
「生前の悔いが解消できたら?」「青春が謳歌できたら?」「本人が納得できたら?」
終盤なんて自分のタイミングで成仏しちゃってるし、訳が分かりません。


なんで積極的に成仏する流れになったのか、よく分からない。

そもそも、どんな理由があったにせよ消える事に抵抗をしてました。
あの世界では「生きている」訳だから、抵抗するのは理解できます。なのに・・・
音無がどんな演説をしたのか知りませんが、影に喰われて永久に
NPC化するよりマシって事でしょうか?戦う仲間をアッサリ置き去りにして。
影問題をクリアした後も、残ったメンバーが進んで成仏する経緯は?
そのまま残って仲間と青春を謳歌する選択肢は無いの?
実際、ラストに音無は「かえで」にだけそんな趣旨の事を言ってます。
これまた訳が分からない。


妄想ですが、制作サイドもココの説明がうまく出来ず逃げたのでは?
体育館での無声演説は演出手法としてそれっぽく写るけど、
実際は説得力のあるセリフが思いつかなかっただけに思えます。
無声演出は、セリフに頼らずとも視聴者が想像共有できるベースが大前提。
この場面を国語のテストで出題したら、果たして正解はあるのかな?イヤ、無い!


影と戦っていた他メンバーの最期をウヤムヤにしてるのも、
単に尺が足りないだけの理由では無いハズ・・・要は話が作れない。
尺なんぞ余計なシーンを削れば稼げるし、実際に余計な描写だらけです。


ラストに「かなで」と音無の関係が明かされて・・・

あれ?音無の方が先に死んでるんじゃ・・・なんで「かなで」の方が
あの世界に先にいるの?フィクションなので後付け解釈も結構ですが、
3流ミステリーの下手なトリックを観せられたような憤り。
しかも2人の会話は、よ~く聞くと全く噛み合っていません。


ラストシーンに限らず終盤は受け答えが噛み合っていない会話が頻発し、
雰囲気で誤魔化そうとしてる感じがビンビン伝わってきます。
ダメ押しでCパートの再会ぽいシーン。構成のカオス具合を上塗りする
意味不明な自己満足描写だとしか思えません


フィクションだからどんな世界設定でも一向に構いませんが、
視聴者が「えっ?」と疑問に思う設定・展開は減らす努力をして欲しい。
このアニメ、大なり小なり「えっ?」と思わせる箇所が多すぎます
『生前に悔いを残した若者が集まる、死ぬ事の無い死後の世界』
ベース設定は面白いのに、何でこんな残念な感じに仕上がってるのか・・・


根本的な問題だと思うこと。

やりたいシチュエーションだけ先にあって、それらを詰め込んだ後に
どう繋げていくのかムリヤリ考えてる・・・てか考えてない

ガンバトル・オペレーション・バンド・ギャグ・お涙頂戴・・・などなど。
その場しのぎで話を取り繕っているので深く考えさせたら粗が出ちゃう。
なので、勢いで誤魔化してるようにも感じます。


オペレーション自体がやりたいネタをネジ込む為のギミック。
バンド演奏も「何やってるの感」がハンパない。紙吹雪が舞っている絵面が
欲しいが為に食券を巻き上げるとか・・・トホホです。
ギャグについてもシリアスとコメディのどっちつかずで進行してるから、
メンバーがネタで死んでいくシーンも歯切れが悪い。


長くなりましたが最後に。
「ゆり」しか話を動かせないので全部彼女の言動任せ。何でも知ってる「ゆり」
こそがあの世界の神なんじゃ・・・上記のヤリたい要素を無理矢理こなす為に
「ゆり」を利用してる訳だから、いわば「ゆり」本人が「無理の塊」キャラになってる
一応メンバーは「何で?」って反応をして視聴者の代わりを担ってくれてます。
が、よく分からん説明で納得して最終的には「メンバーはアホだから」の1言・・・
コレって間接的に「視聴者はアホだから」と言ってるようにも思えますよ?

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。