アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月15日

日常(アニメ) 評価/レビュー

日常(アニメ)のレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

勢い系のネタはツボ


何度か観たいと思わせる「強めの笑い」が割とあって、桜井先生をずっと眺めていたい!と思わせてくれるアニメでした。

以下、『日常(アニメ)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




「日常あるある系」「ほのぼのハートフル系」「シュール系」
「勢いで笑わせる系」と、混ぜ御飯みたいなアニメ。
恐らく単発の笑いばかりが続いても飽きるだろうし、バランスは良好です。


勢い系のネタはツボに嵌りました。

自分がこのアニメに求めるのはやっぱり「笑い」で、しかも「勢い系」。
麻衣チャンには悪いけど、この子を使ったシュールネタは殆ど嵌ってない。
6話バーベキュー回の「リリース」くらいかな。
下手したら過剰なKYに写っちゃうから、損なポジションだと思えます。


何故か桜井先生に惹かれました。

SE付きで汗が出まくりな感じとか、雰囲気がたまりません
高崎先生の言動が妙に共感できちゃっう部分もあったり。分かるぞ!


やっぱり「ゆっこ」と「みお」が中心。

前半、東雲家パートの話は1度観たら充分くらいの感想。
ですので中盤「なの」が時定高校に編入した時はキタッーーー!って感じ。
期待してたよりゆっこ達との絡みが少なかったのは残念だけど。
まとめると1度観たら充分ってネタの中、何度か観たいと思わせる
強めの笑いがゆっこ・みお中心に割とあった印象です

恐らく、1度観たら5年10年経っても思いだせるネタだと思う。
この「インパクト」って、ギャグアニメにとって重要なんじゃないかな?


以下、自分用のインデックス。

再視聴する時にネタを探すのが面倒なので、自分用のメモ代わり。
やっぱり、後半の方がネタ密度は高いです。


2話:みお、朝から見事なコークスクリュー。
   みお「そうはさせんぞノート」奪還。
3話:ゆっこと麻衣で腕相撲。
5話:教壇でマンガ。
6話:バーベキュー。
9話:ゆっこ、蚊と戯れる「おまえがな!」
12話:ゆっこ、遊園地でお金を無くす
13話:ゆっこの手品。
14話:なの、時定高校に編入。
   ゆっことみお、焼き鯖から連続ネタ!オチはハートフル
15話:高崎先生・安中サン「えぇぇぇぇ!」パート1
   なの、コケ機能を搭載。
16話:ゆっこ、ドッピオ。
   みお「偽札じゃないですリアルな賄賂です」「ワン・トゥ!」
   ゆっこ、東雲家にゆく。
17話:カラスと坂本サン。
   高崎先生・安中サン「えぇぇぇぇ!」パート2
18話:ゆっこ、ハロウィンのため隣町に行く。
   フェイ王国のかくし芸大会。
19話:みお・ゆっこの魚雷飛び。
   ゆっこ・みお・麻衣、神社で天変地異
20話:ゆっこ・みお・麻衣、マンガのアシスタント
22話:モヒカンと和尚。
   ゆっこ・みお、犬に噛まれる。
23話:桜井先生と弟、家でエロ本。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。