アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月17日

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(映画) 評価/レビュー

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージのレビュー画像

個人評価

星 7つ
★★★★
★★★☆

ドラマの世界観は健在


やっぱりこのシリーズは話が凝ってて面白い!逆転の魅せ方にマンネリ感が漂っていようが、その後に語られる秋山の説明こそが重要だから問題ないです。

以下、『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




ドラマシリーズを2期終えてから迎えた、話の繋がってる劇場版。
世界観が独特でドラマ版から引き継ぐ登場人物がいるので、
映画だけ観た人にとってどんな感想だったのか気になります。
でも騙し合って「賞金を得る」or「借金を背負う」勝負をしてる所さえ
把握できれば、充分に楽しめる作りになってるのでは。
キャラ立ての終わってる登場人物についても、知ってるともっと楽しめる
ってだけで初見でもそんなに問題では無いハズ。


テレビドラマシリーズについて、先に触れておきます。

初期作(シーズン1)を観たときは相当の衝撃でした。
夜23:00~放送という実験枠でしたが、とにかく面白い!
「騙し合い」というコンセプトを見事に表現できてたし、
与えられたルールの隙間を突く逆転の応酬劇はたまりません!
そして忘れてならないのが中田ヤスタカによるサントラ!
今でこそ有名だけど、失礼ながら当時は名前すら知りませんでした。
このバリエーション豊富なサントラは、ドラマの世界観を決定付けてる素晴らしさ
もちろん独特演出との相乗効果も大きいです。シーズン2については、
まぁ・・・充分に楽しめましたがシーズン1が衝撃的過ぎたって事で。


今劇場版においてもドラマの世界観が継承されてて安心。

「騙し合い」と「ハッタリ」は健在で、秋山の観察眼とルールの隙間を突く発想は流石!
展開にスピード感があって攻守の切替りが実に多い

一旦相手に勝ち誇らせて上げておいてから、秋山の「ニヤリ、実は・・・」で
落とす展開は当シリーズの真骨頂。


神崎直のバカ正直・お人好しっぷりも健在で、若干イラッとなるのは仕方無い。
てか今回はそのキャラ設定まで騙し材料に利用しているから胸がスッとしたかも。
劇中でも語ってたけど秋山と直の2人は絶対に信頼し合える仲間な訳で、
勝負が始まる前から敵をリードした状態。ソコに気付いて秋山サイドに
乗っかれば勝利への近道なんだけど、そうしない所が他人を出し抜こうとする
人間らしさに溢れてます。


ライアー事務局の正体が明かされましたが、ナルホド良く出来てます。
「エデンの園」ゲーム自体が賭けの対象になってて、赤林檎を揃える展開に
持っていく構成も無理を感じません。神崎直がこのゲームに呼ばれた理由も、
赤林檎を揃える駒としてなら説得力がある。


最後に少しだけ愚痴を。

「キノコ」こと福永が毎度毎度「良い人」になっちゃう終盤はちょっと残念・・・
イヤ、「良い人」という表現はおかしくて「アクの抜けた空気の人」が正解かな。
他人を蹴落として勝つ事だけしか考えないキャラを貫いてくれよ~。
まぁコレをやっちゃうとゲームに負ける側になるし、
ラスボスの印象もボヤけちゃうので人気キャラとして扱いが難しい所。


福永以外の参加者も同様で、終盤アクが抜けてフェードアウトしていくのは
構成上で仕方無いのかな。ゲームの細かい流れまで検証してないけど、
他人を出し抜く事が出来ない状況になってましたっけ?
ちょっとスピード感で誤魔化されてる気もします・・・

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。