アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月05日

銀河英雄伝説(アニメ) 評価/レビュー

銀河英雄伝説のレビュー画像

個人評価

星 8つ
★★★★
★★★★

オンリーワン!至高の大河アニメ


感情のツボを広範囲、かつ強烈に刺激してくれる至高の物語。背骨として2勢力の戦争をシッカリ押さえつつ、単話エピソードだけ観ても充分に面白い!オチが分かっていても何度でも観れます。

以下、『銀河英雄伝説』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




クセのあるアニメなので全部観れる人と最初の方で断念する人ではっきり
分かれるんじゃないかな。ハマッた人は余裕で最後まで楽しめるだろうし、
批判目的だけで観るにはあまりにも長いだろうし。自分は当然ハマッた方。
長さなら下手な韓ドラの方が断然長いです。難しい事を書ける程の知識も
見識も無いのでゆるーいレビューを。


とにかく単純に観ていて痛快なんです。帝国側はラインハルト筆頭に能力のある
人材が活躍、出世していく過程!併せて小馬鹿にしていた若造連中に悪しき体制・
慣習が滅ぼされる過程!同盟側は味方に足を引っ張られジレンマを感じさせながら
も奇策を用いて観てる側の期待を裏切らないヤンとその仲間たち!そして愚行を
重ねて結局はヤンに頼らざるを得なくなり、ついには滅びる同盟政府の無能さ!


あまりにもヤンの境遇が不憫すぎます。保身の為にあんたらどんだけ自分勝手
なんだって奴が多すぎて・・・査問委員会でヤンが珍しくキレルのも当然だし、
やりとりも痛快です。悪い事をすれば報いを受ける!ベタですがちゃんとケリを
つけてくれるのでストレスが無くスッキリです。嫌な感じの女政治家とか学者が
どうなったかは不明ですが・・・


どちらかが悪者って描き方じゃなく2人の英雄サイドそれぞれの物語をちゃんと
描いていて、そして対決する両陣営・・・そりゃワクテカせずにはいられません
オーケストラ劇伴の艦隊戦も見応え充分!このワクテカ・スッキリ感って史劇の
面白さに通じる所があると思います。戦国時代の下克上、孔明の計略、勧善懲悪・・・
などなど。


キャラ1人1人を丁寧に描写しているお陰で、お気に入りのキャラが空しくこの世を
去った時はホント泣けます。キャラの立ち位置的に自分はメルカッツ提督が大好き
だったので、もっと活躍する姿を見たかった・・・丁寧な描写の恩恵でニヤニヤ
させて頂きました。ヤンとフレデリカ!いや~長かったけど一緒になれて良かったね、
ニヤニヤ。ラインハルトとヒルダ!求婚のシーンは爆笑モンでしたが (いや、失礼)
とにかく一緒になれて良かったね、ニヤニヤ。


あとセリフ廻しがいいですねえ。最初は小難しい事を喋ってる風に勘違いするけど、
頭にスルッと入ってきて実は分かりやすい。また、あれだけ膨大な量の会話がある
にも拘わらず、受け答えで違和感のあるセリフは無かったように思います。納得の
名言も実に多い。


総合的にアニメ作品として思うこと・・・それはよくこれだけ面白いエピソードを1話毎に
盛り込めるな、と。勿論そうでない回もありますが、両陣営の戦争という大きな流れ
(背骨)を押さえつつも各話だけ切り取って観ても充分面白い!1話で完結してる感じ。
怒涛の展開!次回を待て!ってな煽りに頼ってない所が凄いです。


最後に疑問な点を。3次元を利用できる宇宙での艦隊戦なのに、やってる事が余りに
平面的。まあ、戦闘の立体表現を実際に採用されたらかなり頭が混乱しそうだし、
観てる側には分かり易いですけど。あと小型戦闘機の使い所が曖昧だと思うし、
ワープ航法は戦術レベルで応用できないのかな?とも思います。戦略的には、この
物語を面白くして前半の鍵とも言える2つの回廊の内、フェザーン側が絶対不可侵
なんだっていう説得力のある説明が無かった気がします。まあこんな疑問なんぞ
物語の面白さに比べれば取るに足らないことですし、もしかしたら映画や外伝にて
言及されてるかも知れません。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。