アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月18日

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)アニメ11話 評価/レビュー

モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)11話黄金の幽霊船のレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


何はともあれ、お目当ての幽霊船を発見。お宝が現れた演出は、絵的にもサントラ的にも荘厳な感じが伝わってきて良かったです。


以下『モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)11話』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。





冒頭に相手艦の分析をして紹介してましたが、すごく今更感。
なんか順序が違ってませんか?先週、逃げる判断を下す前に
やっといても良さげな基本シークエンスに思えます。
で、旗艦を含めたった7艦程度抜けた所で本国の戦力を
心配するのも何だかなぁ・・・この世界の国防はそんなにショボイ?


振り返ると、自然現象とばっかり戦っている回でした。
「宇宙に衝撃波!?」なんて驚いてましたが、これまで弁天丸に
起こっていた振動描写は一体何だったのでしょう・・・
超新星並みの衝撃波描写もビーム攻撃みたいで腰砕け。避けれるんか~い(笑)


今回また気付いた違和感があって、マリカを含めたクルーの言動が
かなり機械的・エスパー的な印象を覚えました。
グリューエルに席を外させた後、皆でニヤリ・・・みたいな。
これは1例を挙げただけで、他にも「何でも知ってる」ベースで
話が進んでいる気がして事務的に映ります。
この辺りが今ひとつ乗れない要因にもなってそう。


最後に。マリカがグリューエルを不在にさせてまでクルーに言ったセリフ、
「だからね、ちょっと聞いて欲しいの」って一体どんな内容なんでしょう?
何かの秘策を相談する流れだったので、ちょっと肩透かし・・・


もう1つ。今更ですが弁天丸って結構な数の乗組員がいたんですね。
弁天丸での描写がブリッジ中心過ぎて、意外に思えたって事です。
別にストーリーと直結しない事だけども、もっと前から自然な演出で
クルー規模の刷り込みを図ることも出来たでしょうに。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。