アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月29日

偽物語(アニメ) 評価/レビュー

偽物語のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

ニヤニヤ特化アニメ


ある意味ニヤニヤ特化は正解だと思うけど、流石に冗長さは否めません。『化物語』ほどのスルメ度を感じないのも残念・・・

以下、『偽物語』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




2012年冬クール、リアルタイム視聴をしていた数少ないアニメの1本。
もちろん視聴動機は『化物語』がツボだったから。
開始前、直感的に毎話レビューは自重しましたが結果は正解だったと思います。


とにかく話が前に進まない・・・

でも『化物語』に出てたキャラ達が目白押し!しかもエロ度がアップ!
嬉しいような哀しいような複雑な心境です。もし毎話レビューをしてたら
進展の無さへの愚痴とキャラ賛美ばっかりだったハズ。
原作既読の方に言わせれば、こんな展開になる事は折込済みだったようで・・・
そう、正にファン向け特典アニメ!そういう意味では正解だし、
相変わらずの会話センスも加味して「ニヤニヤ度は満点


前置きでザックリ不満点と満足点を書いちゃったので、あと寸評程度に。
「かれんビー編」には冗長さと締めの肩透かし感を覚えました。
が、「つきひフェニックス編」はコンパクトで謎めいた余韻も良かったし、
締め方もそれなりにワクテカ展開してました。


やっぱり強かった忍野忍!そして可愛い!

偽物語忍野忍のレビュー画像「つばさキャット」で阿良々木クンの影から無言でにゅ~っと出てきた映像が強烈過ぎて、偽物語で喋りまくってるのが意外でした。


偽物語忍野忍のレビュー画像2てか可愛いのもビックリ。おばあちゃん喋りは妙にツボだし、こんな力強いパートナー欲しいわ~。2人の間にどんな契約が交わされてるのか、凄く気になります!



メインキャラの火憐と月火も良かったです、何かエロいけど・・・

ズレた感想ですが実際に妹を「ちゃん」付けで呼んでる自分にしてみれば、
阿良々木クンが2人の事を「ちゃん」付けしてる事に対して凄く親近感。
他人の前だと照れるけど、当人同士だけなら何も抵抗が無い感じ・・・
この呼び方の意図がギャグなのかシスコン表現なのかは不明ですが、
出来ればリアルに転がってそうな「あるある」表現であって欲しい!
やっぱり子供の頃のクセは簡単には抜けないモンですよ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。