アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年03月21日

あの夏で待ってる(アニメ11話) 評価/レビュー

あの夏で待ってる11話貴月イチカのレビュー画像

満足度は、5点評価で3点(普通)


お姉チャンに怒られてる貴月イチカ。
そりゃ、そうだ。


以下、『あの夏で待ってる 11話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。





イチカ先輩絡みでモヤモヤした回でした。

お姉チャンの口ブリと銀河連盟を恐れるイチカ先輩から察するに、
「連盟法」とやらの禁止事項はイチカ先輩も周知だったハズでしょう。
なのに、1話から無自覚で原住民に接触しまくりだったような・・・


加えて連盟法と故郷の家族について全く考慮せず、
「このまま海人クンと居たい!」なんて言えちゃう心境が
どうにもスッキリしない・・・恋ボケするにも程があります!
遭難信号を送ってしまった事や救助ポッドを破壊した事で、
少しでも家族への憂慮は無いの?お姉チャンの心配は至極当然!


海人についても同様のモヤモヤ。
イチカ先輩が残れないなら一緒に連れてけ!なんて人生を賭けるに
等しいセリフ・・・「お姉チャンさん」の事を忘れてませんか?


特筆すべき2人のエピソードも薄く、障害や葛藤も無く両想いになった
カップルだから「どうしてそこまで思える?」って醒めた気分になってます。
「若気の至り」表現とも取れますが、観てるコッチは乗れません。
紆余曲折を経てようやく結ばれたカップルの言動なら分かるけど。


最終話に向けて。

個人的な興味は「遺伝子レベルに組み込まれた記憶の謎」と
「檸檬先輩の正体」と「自主映画の活用法」の3つに絞られました。
この「記憶の謎」はSFミステリー的な要素を含んでいるので、
どのように処理してくるのか楽しみにしてます。
ここで納得のいく解答を出して頂ければ結果オーライって感じ。
序盤に期待してたジャンルとズレちゃったのは残念ですが、
何にせよ最後まで楽しめそうです。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。