アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月27日

あっちこっち(アニメ) 評価/レビュー

あっちこっちのレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

擬音とリアクションアニメ


リアクションアニメと割り切ったら中々の出来で楽しめました。ただネタが面白いに越した事はないし、「ニヤニヤ」のツボ刺激も大きくは無かったです。

以下、『あっちこっち』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




不満な点は単純明快で、ネタの質が・・・

最初、4コマ系特有とも言えるネタの繋ぎにブツ切り感を覚えたから
ずっとこの調子ならキツイと思えたけど、序盤で解消されてました。
パート毎でも、話にまとまりを持たせてくれるだけでストレスは軽減します。
まぁバレンタインネタを2回もやる辺りに、引出しの少なさを感じるけど。


擬音とリアクションを楽しむアニメ。

あっちこっち御庭つみき・春野姫のレビュー画像春野姫のリアクション、御庭つみきのツンデレ、視覚化した擬音・・・ザックリ、この一枚の画像に特徴が集約してます。きっとネタの質云々よりコッチを楽しむべき『ニヨニヨ特化アニメ』なんですね。ネタの質が高くて笑える方がベターだから「微妙」評価にしてるけど。


春野姫の存在が妙に気になるっ!

あっちこっち春野姫のレビュー画像あっちこっち春野姫のレビュー画像2
ぶっちゃけ、一番楽しめたのは春野姫のリアクションだったりします。
メインヒロインのつみきサンには申し訳ないけど、登場シーンを
目で追ってたのは恐らく春野姫の方。どこが琴線に触れたのかは分析不能。
『ゆるゆり』赤座あかりも似たような感覚でしたが、アッチは一応主人公。
強いて共通属性を挙げるなら、どっちも「普通に良い子」って所かな。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。