アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月07日

さんかれあ(アニメ) 評価/レビュー

さんかれあのレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

淡白に思えて勿体無い


楽しめたし満足はしてるけど、もう少し物語にメリハリが付けれたのでは?強く印象に残るシーンが少なく、全体的に淡白と思えて残念。

以下、『さんかれあ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




左王子蘭子(わんこ)の存在が何か良かった!

さんかれあ左王子蘭子(わんこ)のレビュー画像よくある幼馴染ポジションで片付けたらお終いですが、良い味が出てたと思います。子供時代の回想が効果的だったのかな?言葉は悪いけど、かませ扱いの幼馴染キャラに回想の尺を使うアニメは意外と少なかったり。姉さん女房的な雰囲気も惹かれるし、直接ではないにしろ降谷千紘の事が好き!なんて言えちゃう辺りも清々しい。
ぶっちゃけ、物語の結末で"わんこ"と千紘のハッピーエンドが観たい!なんて思ってる自分は異端でしょうか...礼弥サンには申し訳ないけど。


散華礼弥も良かったけど、扱われ方が淡白に感じる。

さんかれあ散華礼弥のレビュー画像葉っぱを咥えた絵面に引っ張られて、ゾンビというより狐に取り憑かれた印象が強かったりします。降谷千紘が狸っぽいから狙ってるのかな?まぁ冗談は置いといて、「清楚なお嬢様」って感じは出てたから良かった。でもね...出番が少なく思えたのは気のせい?てかメインヒロインなのに扱われ方が淡白って気がする...世間知らずのお嬢様が一般生活に歓喜してる姿をもっと観たいし、ゾンビネタを絡めて右往左往してる姿も観たかったのに!
千紘⇒礼弥の恋愛面も、同様に淡白で弱く感じる。「散華礼弥」自身と向き合う過程を描いてないのでゾンピっ子との萌えシチュエーションを楽しむ程度の印象しか残ってません。こうしたメリハリの欠如が"わんこ"を応援しちゃう要因に繋がってそう。


全体的に考えても、やっぱり淡白・・・

散華団一郎は強烈なキャラクター。それ故に、礼弥が家を出てからの
対応が酷く淡白に感じちゃう。もっとガムシャラに娘を奪還しようとする
バカ親じゃないんですか?結果死んでないけど、人殺しまでやっちゃう
人ですよ!う~ん...ココをスルーしてたのが不思議で仕方がない。


加えて愚痴るなら、礼弥が生き返るシーンを団一郎に目撃させない方が
物語上のメリハリが出たかもしれません。
『自分が殺してしまった!自暴自棄...』
⇒『礼弥が生きてるっ!歓喜!とにかく確保!』
⇒『ショック!ゾンビでした...でも、生きてる事に感謝!』
⇒『待ってろ!いざアメリカへ!』
下げて上げて、また下げてまた上げる...要は団一郎の一喜一憂
する姿で物語に起伏が付くし、展開的にも自然ってだけ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。