アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月11日

つり球(アニメ) 評価/レビュー

つり球のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

最後まで観てこそのアニメ


典型的な尻上がりタイプ。かと言って序盤がつまらない訳じゃなく、妙に惹き付けるモノもありました。視聴後に爽やかな心地になる良質の映画を堪能した気分です。

以下、『つり球』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




最初、公式キャッチ『釣り×高校生×宇宙人=青春!?』を目にして
何コレ?と思ってたけど、終わってみれば「言い得て妙」でした。


映画の如く、シッカリ全体構成が練れている!

12話を使って上手にまとまってるな~ってのが率直な感想
最初に全体構成を煮詰めてから細部調整を手掛けてる感じ。
(当たり前の作業なのに、実感できるアニメは意外と少ないです。)
だからこそ回想の伏線も意図的に使えてるし、登場人物の言動に
不自然さも覚えません。もちろん雑なシーンもチラホラあるけど、
気になって物語に集中できないってレベルでも無い。


4時間映画(20分×12話)を意識してるとも言えます。
前半、方向性が掴めないアニメと思えるのは「起」「承」に該当する
パートと考えれば仕方ない。で、6話ラストに「転」を持ってきて
以降は本来のクライマックスへ一直線、と。
尻上がりに面白くなる感覚は、この映画的な構成が効いてるハズ。


実は視聴中にアニメ映画『サマーウォーズ』が脳裏に浮かびました。
「夏」やら「終盤構成」など同じ匂いがします。
ま、男の主人公が大声で叫ぶシーンにも影響されてるけど。


大人が登場する話は深みが出るし、狙ってやってる。

ケイトさんを筆頭に、宇佐美夏樹の家族を絡めたハートフルな一面も
魅せてくれました
。"さくら"みたいに素直な妹、欲しいです...
てかハルの妹ココにまで目頭を熱くさせられるとは!


船長の井上歩も効果的。主人公真田ユキが社交的に変化したのは
アルバイトきっかけだと思うけど、すごい自然で無理がない。


同級生の宇佐美えり香を恋愛面に絡めると思った人には肩透かし?
でも、結果的に話の焦点が絞れて良かったと思います。
上手いのは、最終話ラストで真田ユキと宇佐美えり香の間に何か起こる
雰囲気を感じさせる点
。宇佐美えり香の出番を意図的に絞って、間接的な
恋愛演出をしたのでは?1話から劇的に成長した真田ユキを観るにつけ、
2人の今後を妄想するとニヤニヤできます。


最後に些細な愚痴を。

終盤、TVライブ中継でハルたちの行動を第三者にみせる手法は大好き
加えて「無謀な若者」として報道されている点もgood!
そりゃそうです、第三者は真実を知らない訳だから。
ただ不満なのは、ウララを釣り上げた瞬間をTV中継を通して第三者に
見せていない所
!真実を知った大衆の驚愕めいた描写は、個人的に
痛快ポイントなんです。欲を言えば「無謀な若者」という批判に対して、
フォロー的な後日談があったならソコも痛快ポイントなんだけど。
まぁ想像したら済む話ですけどね...なんか惜しい!

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。