アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月19日

ヨルムンガンド(アニメ) 評価/レビュー

ヨルムンガンドのレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

ピンチからの逆転を楽しむアニメ


自分の中で突き詰めれば、この表現に集約されそうです。単純とはいえエンタメアニメでは重要なお約束だし、充分に満足できるエピソードでした。

以下、『ヨルムンガンド』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




物語全体の3割程度を観た感覚ですが、単発エピソードだけでも
充分に満足。主人公サイドをピンチに貶めてから逆転に至らしめる
展開はエンタメアニメの基本です。時にはチームワーク、
時には敵との駆引きなど、魅せ場も多様でした。
「痛快成分」に関しては、ツボをキッチリ押さえてる気がします。


印象に残ってる話を2つ挙げると、1つ目はバルドラのエピソード。
これはピンチ⇒脱出⇒攻勢という3段階構成で、スッキリ度も満点!
2つ目は海賊撃退シーン。正に「羊の皮を被った狼」的な展開で、
コレもツボを外してません。銃やナイフの近接戦闘ではなく、
重兵器で応戦してる点も痛快ポイントが高いです。


至近距離での銃撃戦・登場人物の生死については御都合描写も
多々あったけど、すごく気になるってレベルでもありません。
ただ評価が低めになってる理由は、「泣ける」「笑える」「ニヤニヤ」
といった他のツボ刺激が物足りなかったから。
この辺りをバランス良く満たしてもらえたら、もっと楽しめたかな。


ネタストック次第ではズルズルと続けられそうな構成です。
が、出来れば続編で綺麗にまとめて頂けると嬉しいかも。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。