アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年09月24日

ラストエグザイル-銀翼のファム-(アニメ) 評価/レビュー

ラストエグザイル-銀翼のファム-のレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

ヴァンシップ乗りの主役が足枷


国家紛争の話をやろうとする気概を感じるだけに、すごく惜しい。時間を掛けて練り込んでいれば...但し!ヴァンシップ乗りを物語の中心にしない事が大前提です。

以下、『ラストエグザイル-銀翼のファム-』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




前作『LAST EXILE(ラストエグザイル)』の続編。てか前作で再生された母星で
心機一転やり直すオチだと思っていたのに、ちゃっかり生き残ってる人類って...


メカデザは相変わらずカッケー!

評価とは関係ないけど挙げておきます。ちゃんとしたストーリーで使われたら
良いのになぁ...勿体ない。以降、不満点です。


これ、ミリア中心の話で良くね?

前作でも感じたけど、ヴァンシップ乗りを主役にしてる事が足枷になってませんか?
前半はいいけど国家戦争が絡んでくる後半になるに連れ、ファム達が話に絡むと
ムリヤリ感が生じてきます。唯一そこから脱却する伏線としてファム出生の秘密が
あった訳だけども、残念ながら使い切れてません...
ベタでも消息不明の王女だったりしたなら、もっと面白く展開できたのでは?
国家間の紛争モノをやろうとする気概は感じるので、すごく勿体ない!


ルスキニア・リリアーナの思考にポカーン...

結局、両陣営とも「平和の模索」は共通で『武力による抑制平和(性悪説)』VS
『人類の自主性に基づく平和(性善説)』の構図と解釈しました。
がっ!ルスキニア陣営のやってる事がブレブレ過ぎてポカーンです!
思想を謎に包まず最初から明確にした方が結果的にスッキリして
面白くなったのでは?シンプルイズベストのパターンです。
まぁ行き当たりバッタリの進行だったなら無理な注文だけど。


相変わらずの説明不足で深みに欠ける...

恐らく本音は戦艦・ヴァンシップの「局部バトル」を魅せたいだけなので、
説明しすぎると粗が出ちゃうんでしょうね...
でも背景を明確にすればシーンの深みが出てくるハズ!


不満点は2つあって、1つ目は艦隊バトルでの位置関係。
コレが結構テキトー描写なので盛り上がりがイマイチ...
別に奇策を入れろ!って事じゃなく、敵・味方の位置を
俯瞰で説明するだけでもワクワク出来ますよって事。


2つ目は国家の位置関係。中世風の地図で誤魔化してたけど、
ココを練り込んで説明するだけでも物語の深みが全然違ってきそう。


アナトレーって国家のスルーっぷりが酷い!

上で書いた説明不足の不満と被るけど、アナトレーは秘境・新大陸扱いなの?
そりゃ小麦畑に覆われた土地の豊かさを前作ラストで示唆しちゃったから、
今作の世界観とは真逆で登場させにくいのは理解できる...でも不自然でしょ!


いっその事ラストエグザイル(帰還船)が発生する嵐によってアナトレーは秘境化、
もしくはアナトレー中心の話にして豊かな土地を巡っての国家紛争をやれば良い。
ついでに愚痴ると、前作キャラを登場させるならもっと意味を持たせて欲しい!
特にアルヴィスの無意味さが顕著だったけど。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。