アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月25日

バジリスク~甲賀忍法帖~(アニメ) 評価/レビュー

バジリスク~甲賀忍法帖~のレビュー画像

個人評価

星 8つ
★★★★
★★★★

チームバトルの教科書


面白い原作をもっともっとアニメ化すりゃ良いんです!他アニメも、面白い部分をリスペクトして模倣すれば良いんです!
決して実写化なんぞ・・・あれ?

以下、『バジリスク~甲賀忍法帖~』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




クドイですが、未視聴の方は続きを読まない方がいいです。
他アニメとは比較にならない程、ネタバレ満載ですので。
『忍者にとって必殺技のネタバレは死に直結!』を地でやってるアニメだし、
物語の構成・展開も凝っていて面白い!なので白紙の状態で視聴して欲しい!
こんな注釈を言わしめる時点で、最大限の賛辞です。


たった2クールでも、これだけの物語が作れる!

称賛すべきは『終着点を明確に決めてる潔さ』だと感じます
あわよくば続編を・・・なんて色気・打算が一切ない。
終わらせ方さえ固めれば、逆算して無理なく構成が組める訳です。
登場人物の生死にも迷いが生じないし、花道を飾るドラマも作れる訳です。
ウン、誉めるべき所がズレてますね。でも、どうしても言いたかった。
ウダウダ引き延ばして尻すぼみになってるアニメをよく見掛けるので。


願わくば、両一族手を携えて共に表の世に出でん。

バジリスク~甲賀忍法帖~甲賀弦之介と朧のレビュー画像甲賀弦之介の心情を露吐した文言です。ひたすら殺し合ってヒャッハーしてる訳じゃなく、根底にコレがあるんですよね・・・日蔭者である忍者に対する悲哀も込められています。


このアニメが好きな所以って、死んだキャラを放置せず回想を利用して厚みを持たせてる所なのかも。そういう意味で『破滅への一本道』を際立たせる16話は貴重な回。両一族が歩み寄っていくパラレルワールドがあれば・・・なんて思わせる時点で、物語として素晴らしい!


てな訳で、以降は印象深い登場人物をピックアップ。
長くなるので割愛したキャラもいますが、皆大好きです。

甲賀弾正とお幻

バジリスク~甲賀忍法帖~甲賀弾正とお幻のレビュー画像初見時における1話のインパクトは絶大。加えて、開始される物語へのワクテカ感もハンパない
この2人、弦之介と朧の恋愛成就をホント願ってるんですよね・・・そりゃそうだ。
1話と最終話をラップさせる手法は割とあるけど、このアニメが一番効果的に使ってる気がします。正に上で書いた「終着点からの逆算」による賜物!


薬師寺天膳

バジリスク~甲賀忍法帖~薬師寺天膳のレビュー画像まぁ影の主役・MVP的な人物ですね
天膳と並ぶアクの強い人物が思い付きません!この人のお陰で甲賀の活躍シーンが3~4人分増えてる意味でも上手い。
笑わす意図で作ったシーンじゃ無いハズだけど、自然と頬が緩むのは止められません。陽炎を手籠にしようとするシーンは至高です(笑)妙な方向に知略が長けてて、しかも襖向こうで覘かれてるのを知った上でという・・・どんだけスキモノなんだ!朧の項で触れますが、最期の殺され方も素晴らしい!


お胡夷と如月左衛門

バジリスク~甲賀忍法帖~お胡夷のレビュー画像お胡夷がバジリスクの女キャラで一番好き!天真爛漫さとムチムチバディと兄弟愛が堪らない。
このアニメ、数か所ウルッとなるシーンが有りますが「お胡夷と左衛門の指会話」シーンが一番です
まぁ自分が肉親モノに弱い事も影響してますが。


バジリスク~甲賀忍法帖~お胡夷と如月左衛門のレビュー画像左衛門も良い奴なんですよね・・・殺すべき相手に情が移る感じは如実に表れてる。パラレルワールドがあるなら、この兄弟は伊賀との合併に無理なく適応しそう。そして幸せそうに暮らしてる2人を観たかった(涙)

話は逸れますが、左衛門が死ぬ辺りの流れが秀逸
天膳に化けて朱絹を抹殺→
計画を天膳にバラした上で不意打ち死→
天膳が計画を逆利用して陽炎を手籠→
偽物と気付く陽炎(そりゃそうだ)→天膳、チーン(笑)


蛍火

バジリスク~甲賀忍法帖~蛍火のレビュー画像蛍火はヤンデレかわいい
このバカップルにも幸せになって欲しかった(涙)

但し妖術自体の魅せ場が無いのは残念。加えて最期のシーンにもう1つ工夫が欲しかったかも。
指の包帯で疑惑を覚えるまでは良いんです。でも忍者なんだし疑惑を確信に変える策略を観たかった!地上に落としたモノを念鬼に拾わすよう仕向けて、毛を使わず手で拾いに行ったら「アニさま~アウト~!」みたいな。下手な例えでスミマセン。


甲賀弦之介

バジリスク~甲賀忍法帖~甲賀弦之介のレビュー画像弦之介が能力を初披露するシーンは演出的にも痺れます!それまで毎話出てて穏やかな表情しか見せていないから、溜めが効果抜群!流石は甲賀頭領!


話は変わりますが、弦之介と朧のロミジュリ要素は余り面白味の上位ではありません。そんな訳で、果たし状に7人と書いたり陽炎のウソ報告に「よくやった」と答える弦之介がカッコイイ。
もちろん弦之介の心情が穏やかじゃ無いことは察してます。ただウダウダ悩まずサラっと流してくれる演出に好感が持てるって事。朧に若干のイライラ感を覚えるのと対照的なんですけどね・・・
ま、男と女で描かれ方を変えるのは仕方が無い。


室賀豹馬

バジリスク~甲賀忍法帖~室賀豹馬のレビュー画像必殺技は各キャラ固有という思い込みを巧みに利用したトリッキーな展開が秀逸。
VS小四郎シーンでも目が見えない者同士でトリッキーな事をやってます。小四郎の目が見えていない事を豹馬は見えていないという。やっぱり脳筋厨ニバトルとは訳が違う!


陽炎

バジリスク~甲賀忍法帖~陽炎のレビュー画像何とも悲しい必殺技を持たされた人物(泣)
再三書いてる手籠シーンで、天膳相手じゃ毒が出ない(笑)そんな訳だから、脳内変換で弦之介を登場させちゃう悲しい流れです・・・もうね、笑いと切なさが混在する屈指の名シーン!


最期も本能のままに無理心中を謀るも、憎っくき朧に阻止されるという素晴らしい展開。


朧(おぼろ)

バジリスク~甲賀忍法帖~朧(おぼろ)と天膳のレビュー画像朧と言えば「ぴょろり」,「ぴょろり」と言えば天膳
天膳と言えば「お注ぎ申す」,お注ぎ申されるのは朧
ウン、見事に繋がった!


ロミジュリ要素は弦之介の項で触れたので割愛。それより天膳との因縁に注目です!何が素晴らしいかって、朧の必殺技を天膳成敗の為に利用してる処。
そこまでの役立たず感が全て吹っ飛ぶ手柄・スッキリ感です!左衛門の術を破った時は無意識の偶然でしたが、ココは意識的にやってるから雲泥の差。しかも相手は無敵ゾンビの天膳!


ココの演出も素晴らしいと思います!
首を切られても復活していく天膳・・・オイオイ、ど~するの?と不安を煽る。
で、天膳を遠くで静かに見つめる朧からカットイン。
そして朧の瞳にゆっくりズームしていき、途中でハッと気付かされる!
『ナルホドッ!朧の能力で天膳の復活が阻止されてるっ!』
ちょっと大袈裟?でも、自分はこの静かな演出にやられた1人です。


長くなりましたが最後に。
登場人物の半数程度しか書いてませんが、1人1人について熱く語れるアニメは
希有だと思います。俗っぽい表現をすると「キャラが立ってる」とも。
他にも味のある人物は登場してるので、機会があれば追加修正したいなぁ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。