アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年10月15日

DOG DAYS'(ドッグデイズ2期)アニメ 評価/レビュー

DOG DAYS'(ドッグデイズ2期)のレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

柔らかな世界観は継承


個人的には1期より評価ダウン...もちろん愛すべき登場人物達と柔らかな世界観は変わらず、嬉しい限りですが。

以下、『DOG DAYS'(ドッグデイズ2期)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




エンドレス感が強まってる気がします。

1期では「勇者シンクとの別れ」という物語の山場が有りましたが、
暇さえあればホイホイ往来できちゃうシステムになっちゃいました。
流石にコレだと「お別れイベント」も価値が激減。
加えてお別れ対象が3人だから、感情移入も分散気味...


内容も「勇者たちは異世界で何か貢献した?」なんて思えちゃう。
身内の中だけで活躍したり、競技バトルで先陣をつとめる程度。
この世界観だと悪人は登場させづらいから、外敵を作れないのは苦しい所。
一瞬、魔王復活で終盤の山場を作ったかと思いきや、実は仲間だったという
訳が分からないオチ...ま、魔王ヴァレリーは憎めない奴で好きだけど。


勇者3人、特にレベッカにとって「ひと夏の思い出」と捉えれば
感慨深い所もあって悪くない出来だけど、1期に比べればインパクトは弱め。


画面が忙しく、連続視聴してると疲れてきちゃう。

登場人物・陣営が増えてるから映像切替が多くなってくるし、
割とテンポがいい進行なので観てて疲れてきちゃいます。
まぁ抽象表現をすると『画面が忙しい』...上手く伝わるかな?


DOG DAYS'(ドッグデイズ2期)英雄王アデルと魔王ヴァレリーのレビュー画像なんて登場人物の多さに愚痴りつつも、英雄王アデルと魔王ヴァレリーのバカップルは新たなツボ。
『ひーろーすてぃんがぁぁ!』のシーンは印象的。
3国興業を観戦してウズウズしてたアデルも可愛い。でも飛入り参加で素性を明かし人気者になっちゃうのはヤリスギかも...「勇者レベッカ」の立場が哀れに思えて。


恋愛沙汰は上手にお茶を濁してます。

1期レビューで書いたけど、レベッカがフロニャルドに来る事で
ミルヒ姫を含めた恋愛沙汰の扱いを懸念してました。
で、結果は「上手にお茶を濁した」という表現にしておきます。
ちゃんとミルヒ姫・レベッカ・エクレにシンクへの想いを語らせたのは
好感が持てたし、「現状が心地良い」で締めるのは及第点。
ミルヒ姫・レベッカの持つ柔らかい雰囲気の成せる業とも言えますが、
ギスギス・ツンケンは世界観に反するし担当はエクレだけで充分です。


DOG DAYS'(ドッグデイズ2期)ミルヒ姫とレベッカのレビュー画像成長したシンクも御披露目。2人きりでレベッカがポーっとなるシーンは有ったけど、個人的にはミルヒ姫がポーっとなるシーンも期待してました。
が、薄いリアクションだったのでガッカリ...


もし3期があるなら、是非とも2人きりでミルヒ姫がポーっとなるシーンを作って下さい!追加注文するなら、成長したミルヒ姫も観てみたいですっ!


関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。