アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月06日

アクセル・ワールド(アニメ) 評価/レビュー

アクセル・ワールドのレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

粗が気になっちゃうアニメ


振り返ってみると、話が殆ど進んでいない事に気付きます。連続モノとして2クールも使えば其れなりにまとめられると思いますが・・・

以下、『アクセル・ワールド』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




いちばん大きな不満は上で書いた通り。
たとえ「序章」だとしても2クールも使う内容に思えず、
どこか無駄な寄り道をしてる気がします。
その他、不満点をザックリ2つ。


とにかく後出し設定が多くて萎える。

「フィジカル・バースト」やら「心意システム 」やら、
先に言っとけよと思える後出し設定の連続・・・
秘密にしておく理由が全く伝わってきません。


仮想空間という免罪符の元、「後出し」じゃなくても設定・設定
のオンパレード・・・過剰設定は萎えますよ。
反面、レベルの優劣・レベル増に伴う必殺技の追加という
重要なゲーム性は全く描いていない・・・
シルバー・クロウなんてレベル4にもなって結局「頭突き」だけが必殺技?
どうでもいい設定は細かく説明する割に肝心な所がアバウトなので、
すごくアンバランスに感じます。


主人公サイドの目的が弱くてモヤモヤする。

「レベル10になって秘密を暴く!」「お供します!」
う~ん、上手く説明できないけど何かズレてるような・・・
しかも目的に向かって全く行動していない訳です。
この辺が上で書いた「話が進んでない」と思える所以かも。


ゲスな話、加速能力を現実世界で悪用してる参加者、
もしくはバーチャル依存して狂ってる参加者を醜く描かないと、
害の無い只の国取りゲームじゃん!程度に写ります。
この「実害の無さ」が、黒雪姫一向の動機に結びついてない気がしてモヤモヤ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。