アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月25日

C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL(アニメ) 評価/レビュー

C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROLのレビュー画像

個人評価

星 7つ
★★★★
★★★☆

ある意味、怖いアニメ


テーマの着眼点が素晴らしい!秀逸だと思うのは深いテーマを描くだけの退屈な内容に留まらず、エンタメアニメとして昇華している点!
いくら高尚な事を描こうとも、内容が面白くなけりゃ勿体無いので。

以下、『C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROLについてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




本題だけなら『C』なんて最短だし、副題を付けるとやたらと長い困ったタイトル・・・
で、内容についての率直な感想は「観て良かった!」です。
テーマ的な事に触れるのは好きじゃないけど、このアニメは例外。
エンタメ要素を散りばめつつも、かなり怖い現実を示唆している気がします。


暗喩を使ったメッセージが怖い!

結局、三國のやってる事って国債をバンバン発行して未来に借金のツケを廻している
現状の日本を置き換えていると解釈。現実社会でミダスマネーが混入している描写は、
日本銀行でバンバンお金を作って見掛け上で経済を潤している事への暗喩と受け取りました。
結果、代償として無気力化・少子化・高齢化に改変されていく日本を描写してる所も
警鐘を鳴らす意図があるのかも。


でも、それが「絶対悪」と言い切れない所がモドカシイ!
実際、三國は日本の危機を救おうとする信念で行動していた訳だし、
リアル日本政府だって同じ信念で動いていると信じたい・・・


フィクションの世界だと公麿たちの活躍により違う未来も描けましたが、
リアルでは有り得ないって所に底知れぬ不安を覚えます。
うん、ド素人が経済を語るのはキツイのでこの辺りで・・・
間違った解釈ならスミマセン。ではアニメの緩い話を。


公麿と真朱の関係描写がツボでした!

C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL真朱のレビュー画像1真朱って登場シーンは少なかったハズだけど妙に惹かれました。いったい何処が琴線に触れたのか?
恐らくは、


◆ツンとした感じが絶妙で、嫌味が無い!
◆表情、仕草がとにかく可愛い!
◆主人公の頼れるパートナーぶり!
◆圧倒的なフィニッシュブローを持っている!
◆カード内で住んでる孤独感にグッとくる!


C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL真朱のレビュー画像2他にも有りそうですが、大体こんな所。
アニメの作画は御世辞にも良いとは言えないので、
キャラ萌に外見は関係無く、魅せ方で左右されるんだと改めて実感しました
もちろん、この子は『お気に入りキャラ』のリスト入り!


C THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL真朱のレビュー画像3終盤、2人の息が合ったバトルシーンはすごく心地が良い。案の定、2人が別れるシーンは目頭が熱くなりました。バックで流れてた音楽のアシストも大きいですが・・・あの曲を耳にして何故だか『超時空要塞マクロス』が頭に浮かんできたのは自分だけ?


バトル描写にはやっぱり不満・・・

どうしても金融テクを駆使した知能戦をもっと期待しちゃいます・・・
また、単純にガチバトルだとしてもアセット性能に頼るだけの描写だし、
そもそも勝ち負けのルールがあやふや・・・
惜しい!バトル設定がシッカリ練り込まれていたら、もっと楽しめていた気がします。
スピード感やバトル時のサントラは良かったけど。


きっと制作サイドはバトルの中身より前後の話に重点を置いてるんでしょうね。
もちろん経済動向・日本改変に興味が持てる構成は、楽しめた要因として大きいです。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。