アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月12日

BECK(映画) 評価/レビュー 

BECK(映画)のレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

決してツボは外していない


限られた短い時間の中で上手くまとまってると思います。コユキの無声処理演出は賛否ありそうだけど個人的には「有り」。てか最上の手段とも思えます。

以下、『BECK(映画)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




テレビ放映してたのを観ました。恐らくカットされてるからズレた感想に
なるかもしれませんが、どうぞ御勘弁を。最初に言っとくと、こうゆう王道
ストーリーは大好物です。竜介とコユキのどっちが主人公なのかは定か
じゃないけど、それだけ2人ともが魅力的に描写できてたって事かな。


やっぱり卑屈なキャラが才能ある仲間と出会って何かに頑張る展開は、
単純にワクテカします。アメリカと日本の音楽のドンが出てきたりして
予想より大きな話になってちょっと面食らったし、案の定ドンの描写が
安っぽかったのは頂けないけど。


どうゆう結末にするのかと思いましたが、大雨というアクシデントを利用
して客を集める手法でした。うん、ほぼ違和感無かったし良かったかと。
ただ踊るビキニ女のくだりはちょっと取って付けた感が否めません・・・
単純にBECKの演奏に皆が魅了されたってだけでも良かったかも。


とにかくラストはいろいろスッキリさせてもらいました。映画という時間制限
の中でこれだけまとめてくれたら充分です。マホとの事、集客の賭け、英二
とのバンド勝負などなど。あと、友情のくだりとか演奏してるシーンではなく、
佐藤Pが感動で泣いてる所でちょっともらい泣き


コユキの歌声もうまく演出で処理しましたね。最初は無声処理しておいて
ラストだけは歌声を聞かせてくるんじゃって悪い方にドキドキしましたが、
無声で良かったです。あの場面で説得力のある歌声なんぞ俳優、又は
アテレコでも出せる訳が無い。


さて不満な点。カットのせいでしょうが、場面のつなぎにすっ飛ばし感を相当
覚えました。これはノーカット版を観れば解決するのかな?役者については、
台詞が棒っぽく聞こえたのが4人ほどいたんだけど、その内2人は帰国子女
って事でわざとやってるのかな?まあ、どちらにしても違和感が・・・ちなみに
弘美役の子、妙にエロかったです。


ここからは妄想での不満ですが、最初の方にイジメグループがいました。
喧嘩で処理しちゃいましたが、あいつらもバンドをやってる感じだったので
BECK、特にコユキはすごいんだぞ!っていう痛快なエピソードを観たかった・・・
ちょっとガッカリです

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。