アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月25日

もやしもんリターンズ(アニメ) 評価/レビュー

もやしもんリターンズのレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

フランス編がよく出来てた!


1期に引き続き、やっぱり物語に芯を感じないし終着点も不明。でも不思議と楽しめちゃう所も相変わらずで、特にフランス編は映画みたいな出来映えで面白かったです。

以下、『もやしもんリターンズ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




及川さん・結城蛍・武藤さんなど、扱いが薄いのは妙に気になります。
どことなく登場人物の一体感が希薄。


主人公沢木の印象も変わらず薄い・・・
ずっと傍観者的な立ち位置に思えちゃいます。
作中で「たまには引っ掻き回したら?」みたいな助言をされてたのは
的を得過ぎているから印象深い。
恐らくそうゆう台詞が出てくるって事は狙って作ってる証なんでしょう。
けど全体的にフワフワしてると思える原因の一端は、
特殊能力を活かしきれてない主人公沢木にある気もするので。
と愚痴りつつも、なんだかんだで楽しめる不思議なアニメだったり。


フランス編は面白かった!

大学生活の楽しそうな雰囲気でコッチも楽しくなるのは良いとして、
「学祭絡みしかネタがないんかいっ!」って愚痴りたくもなる・・・
そんな中「フランス編」は話が纏まってて面白かったです。


上手く説明できないけど、内容の濃い短編を堪能した感じ。
・親子トラブルが共通点の長谷川とマリーは上手い構成。
・長谷川と龍太のエピソードは、龍太くんが切ない・・・
・長谷川と美里先輩の関係は、ワクワクニヤニヤ。
・マリー家族のエピソードはハートフル!


ついでに挙げると、沢木の必殺技も登場!
間接的とは言え、細菌たちに喋らせるという結構な荒技です。
コレは細菌が見えるだけに留まらず『会話が出来る』という能力の賜物。
現状、ゼミの仲間は『見える』事は知っていても『会話が出来る』までは
知らないんじゃ・・・もし知ってしまうと、ゼミの細菌研究は飛躍的に
進歩するだろうし長谷川さんの興味も違う方向に向かいそう。
そんな訳で、この技はフランス編だけの披露だろうし特殊扱いのハズ。
こうゆう所からも映画的な短編の濃さを感じるんだと思えます。


やっぱり蛍の扱いがよく分からない・・・

沢木とマリーの関係に嫉妬する描写を観る限り、ソッチ系なの?
1期のキスも唐突だったし、一体彼をどうしたいのでしょうか・・・
一貫してソッチ系で掘り下げてくれるなら、ソレはソレで違う楽しみ方も
展開できそうだけども。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。