アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年11月30日

黒子のバスケ(アニメ) 評価/レビュー

黒子のバスケのレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

観始めたら止まらないのだよ


やっぱりスポーツ系は自分の好みに合致する。
察するに、好みの展開を盛り込み易いからだろうけど。

以下、『黒子のバスケ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




『メジャー』や『バクマン』の枠で長期シリーズを観たいなあって感じ。
試合描写に時間を割いてくれてたのが良かったし、次話が観たくて
止まらなくなりました。最初から強敵の存在を明かしている構成も珍しい?
次にどんな奴が出てくるのかワクワクします。


キャラが立ってます。

選手5人というバスケの恩恵もあるけど、1度負かした相手を
使い捨てていない点も効果がありそう。中学時代の仲間を
バラけさせた設定の妙ですね。絡ませ方に不自然さが無い。


試合の盛り上げ方が上手い!

個人的には誠凛と秀徳の試合が一番面白かったです。
ハッキリ言って勝てる気がしない・・・
でも段々追い詰めて、試合ラストがあの締めです。
緑間がロングシュートに拘る理由を明かしてゾクッとなるし、
緑間の超ロング!→火神ブロック!→緑間のフェイク!→黒子のカット!
この一連のシーンが素晴らしい!互いの能力を認め合ってる背景は涙モノ。


些細な愚痴を2つほど。

1つ目は、相田リコのフィジカルフェチをもっと活かして欲しかった
テクニック向上はよく有るパターンだけど、フィジカル自体を磨くパターンは
意外と無いと思うので勿体無い・・・フィジカル測定能力が全く活きてない。
中途半端に火神の砂浜走り込みとかやらせてたけど、最初から計画的にやって
フィジカル向上を監督スキルの魅せ場にして欲しい訳です。


2つ目は、シュート寸前のカットシーンを使い過ぎ
2~3回なら目立たないけど、やり過ぎると「またか・・・」って感覚に
なっちゃいます。カウンター攻撃も糞もあったもんじゃない。
誤解のないように注釈しておくと、「有り得ない」って愚痴ではなく
取っておきのシーンは大事に使いたいですねって愚痴。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。