アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月15日

輪廻のラグランジェseason2(アニメ) 評価/レビュー

輪廻のラグランジェseason2のレビュー画像

個人評価

星 2つ
★★☆☆
☆☆☆☆

変わらず緊迫感のない宇宙戦争


1期よりはストレスが少ないかも。理由は簡単で、余計な日常描写が減ってたから。前期でブレブレだったヴィラジュリオの言動もリセットして「良い奴」路線に一貫修正されてました。それでも星間戦争に巻き込まれた緊迫感の無さは相変わらず・・・

以下、『輪廻のラグランジェseason2』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




作中、鴨川が脚光を浴びて喜んでるのがバカらしくて泣けてきます。
念を押すけど、鴨川に危険を呼び込んでいるのは京乃まどか本人。
敵の狙いは「まどか」なんだから。で、地雷源である「まどか」が
鴨川に留まる背景は、高校生活を鴨川で終えたいってだけ・・・
本来なら鴨川住人から石を投げつけられても仕方が無い設定です。
せめて鴨川に重要遺跡が眠ってる位にしとけばいいのに。


同じ構図の繰り返しに萎えました。

途中で星間和解を終えたので終盤は一致団結して千年問題に
取り掛かると思いきや、意味不明な強引展開でディセルマインと
ヴィラジュリオの敵対関係を繰り返す・・・いや、もういいですって。


肝心の問題にも苦笑い・・・1000年って。せめて1000日程度に
しとかないと緊迫感も糞もない。それとも「2000年問題」みたいな
暦的な使い方だったのかな?何にせよ説明が全くないので、
普通は「1000年後に衝突」と受け取りますよ。
で、結局は申し訳程度にまるっと解決しちゃいました。トホホ・・・


設定が全く練り込まれておらず、結局テキトー。

設定への愚痴なんてジャンルによって区別する程度の分別は有るつもり。
ただ、一応シリアスベースなんだし作中設定くらい練りこんで欲しい訳です。
列挙するのは割愛して一言でまとめると、『なし崩しテキトー設定』
作ってる側が、サジを投げてるようにしか思えません。


最後にどうでもいい事を。

「まどか」と「ユリカノ」の体が入れ替わった時、このまま最後まで行ったら?
なんて思っちゃいました。正直、外観を含めて「ユリカノ」の方がかなり魅力的。
どうせ埋もれて消えるくらいなら、ロボットアニメの韻を踏んで
「途中で主人公の外観が変わる」という実績を歴史に刻めば面白いのに・・・


てか「ユリカノとバカ3人衆」をメインにした戦争モノの方がよっぽど楽しめそう。
それほど主人公として「京乃まどか」に魅力を感じません。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。