アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月21日

有頂天家族(アニメ) 評価/レビュー

有頂天家族のレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

何か物足りない


小奇麗にまとまっている「佳作」の域を超えていないような・・・狸は可愛いです。

以下、『有頂天家族』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




「佳作」とは書いたけど、充分に楽しめたので誤解の無きよう。
ただ、もう1つ足りない時に「佳作」という表現がシックリくるので。
文芸的視点ならもっと高評価だと思えますが、
残念ながらこのブログにそんな高尚な視点はございません。


家族の絆を扱う物語はやっぱり鉄板!何か所かウルッとなりました
ただ、それ以外の部分が何か物足りない・・・
フワフワっと雰囲気で流しちゃってる感じ。
ふと、淀川教授の扱い方も苦労したんだろうなと思っちゃいます。
ラストの初詣で淀川教授と母親は対面してる訳ですが、
ココもアッサリ流されて悲しい・・・何らかの工夫が有っても良くないですか?


ぶっちゃけ、弁天本人に興味が沸いてこない事も影響してます。
物語を廻すのに都合良く使ってるな、程度の印象。
考察好きな方は考えれば良いと思うけど、自分は「どーでもいい」
弁天の心境が分かった所で、ダイレクトな面白さに繋がらないから。


夷川早雲を終始ヒール役で通したのも何だかなあ・・・
(ちなみに母親だけ庇うのもヒールの一種)
結局、最後も扱いに困ってフワフワっと流しちゃいました。
同じヒールでも、違うアプローチにすればホントの大団円が観れたかも。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。