アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月15日

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation 評価/レビュー

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animationのレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

不満は無いけどスルメ度も無い


1クールで黒幕まで暴いてくれたのは良かったけど、1度観たら充分です。

以下『ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




テンポが良いから楽しめたし、黒幕まで暴いてくれたのは嬉しい限りです。
かと言って、もう1度観たいかと聞かれたら答えは「NO」
きっと、犯人が分かって満足というパターンだから。
推理過程が楽しい訳でもなく、推理以外で楽しめた要素もありません。


スルメ度を上げる為、物語の軸をもう1つ仕込んで欲しかった。

直ぐに思いつくのは、苗木誠と霧切響子の関係をもっと綿密に描くとか。
霧切サンが火傷を晒す時でも、苗木クンを気にして躊躇するような配慮も有ってもいい。
最後の殺人と黒幕を暴く推理シーンも笑いました。
苗木クンが怒涛の推理を連発して、十神クンと霧切サンがドヤ顔で便乗するという・・・
イヤイヤ、ここは2人が苗木クンの推理連発に驚く表情が欲しい訳ですよ。
コレは些細な一例ですが、小さなシーンの積み重ねがスルメ度に効いてくるハズ。
現状だと、登場人物が事務的な推理マシーンにしか思えません。


1クールじゃ短いという意見も分かりますが、2クールだと逆にグダグダになる気も。
もちろん、延長分を補う人間ドラマが作れるなら話は別ですけど・・・
緊迫感を煽る背景は揃ってるのに手を付けていないんだから、
元々のコンセプト自体がスピード感を優先したって事なんでしょう。


最後にどうでもいい事を。

『ある条件下で何かやれ!』パターンはホント多い。
で、いつも主催者側(黒幕)の動機処理に苦労してる(笑)
上手く処理してる例は「ライアーゲーム」が浮かんでくるくらい。
きっと中身の案だけ先行して思いついちゃって手を出したものの、
纏められずファンタジーに逃げるんでしょう。
このアニメも「絶望」やらでお茶を濁していたから苦労したんだな、と。
何となくですけど。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。