アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月18日

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A(アニメ13話) 評価/レビュー

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話ニ条泉のレビュー画像

満足度は、5点評価で5点(とても良かった)


『咲-Saki-全国編』放映を祝して、12話で止まっていた『阿知賀編』の毎話レビューを完結させます。


13話のインパクトシーンは「自称、高1最強!」のニ条泉をチョイス。やっぱり『咲-Saki-』の演出は面白い!その他にも内容テンコ盛り!
以下、『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 13話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




松実宥は色んな意味で阿知賀のエース!

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話松実宥のレビュー画像実力もエース、可愛さもエース!ついでに、バランスの良い”おもち”もエース!貴重なメガネ顔も捨てがたいけど、下から見上げた顔は反則級に可愛い!


てか声質が素晴らしい事に今更気付きました。
とろけるような癒しボイス・・・もしかして、声優界のオンリーワン?自分は声優に興味が無いので、他にも居たらスミマセン。


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話松実宥2のレビュー画像表情が伏目がちな松実宥も可愛い。
次峰戦のキーポイントは「ポーカーフェイス」なのかも。最初は静かな進行だな~と感じたけど、後で考えれば弘世菫の指先を注視していたって事かな。で、標的が自分だと察した時も表情を変えずセリフだけで処理。ウン!上手い演出です。対照的に、表情が面白いニ条泉が居るから効果抜群。


もう1つ。やっぱり『咲』演出は光の使い方が巧み
ライトの当て方・影の落とし方・瞳の光らせ方などを駆使して、場の雰囲気を演出できてる。少なくとも自分にはそう感じます。


赤土晴絵がコーチっぽい仕事をしてる!

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話赤土晴絵のレビュー画像12話までの総括レビューで『赤土晴絵が空気扱い』なんて書いちゃって正直スマンカッタ・・・今話では事前コーチングを披露してくれました。
チート能力に対して弱点・カウンターを準備してる『咲』は基本に忠実で、ホント好感が持てます


新子憧と江口セーラの2人は、良いマッチング。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話新子憧のレビュー画像『来てまうよな~』状態の江口セーラは格好良く、思考フル回転状態の新子憧は”らしさ”を感じます。この”らしさ”を出す作業は重要かつ難しいけど、『咲シリーズ』はココが上手いし注力もしてる
この積み重ねが「キャラ立て」に繋がってるハズ。


どうでもいいけど、この2人は性格的に相性バッチリですね。何故だか観てるとニヤニヤしてきます。


この美少女は誰だっ!?渋谷尭深です。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A13話渋谷尭深のレビュー画像相変わらず「次話への惹き」と「エンディング曲の入り」が絶妙な上手さ
てか、渋谷尭深の美少女っぷりにもビックリ(笑)
今まで可愛さをステルスしてたのかって程、制作陣が気合い入れてます。


持ってる能力も面白い。14話レビューの範囲ですがラス親になった時の爆発力を示唆しつつ、決勝用にネタを温存してるから素晴らしい!是非とも役満を連発する彼女を観たいです。しかし親だから凄い事になるな・・・


最後に。
12話(仮最終回)までの総括評価とレビューも終わってるので、宜しければ御一読を。
⇒『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A(アニメ) 評価/レビュー

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。