アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月28日

君のいる町(アニメ) 評価/レビュー

君のいる町のレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

全12話じゃ無理がある


まあまあ楽しめましたが、空白部分もアニメ内で描いて欲しかったです。

以下、『君のいる町』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




物語の構図は至ってシンプル。
桐島青大と枝葉柚希は好き同士。
→ワケありで別れる2人。(でも互いを好きなまま)
→元サヤに納まってエンド。
ワケありの部分には風間恭輔を配置して、ドラマを1つ追加すべく
御島明日香を配置してるってだけ。ウン、単純明快!


風間が死んだ以降の心理描写が雑。

上で書いた『ずっと互いを好きなまま』部分を、もっと強調しても良かったのでは?
コレが足りないから、2人の行動が唐突に写って勿体ない。
ベタだけど、柚希を忘れられないまま明日香と付き合っても良いと思います。
惰性で付き合う男女なんぞ別段珍しくもないし、逆に生々しくもある。
で、そんな青大を察して内心穏やかじゃない明日香も描けばいい。
2人が合コンで再会した以降、増幅していく感情を描けばいい。


ところが観た感じ、青大は本気で明日香の事だけを考えてた。
もし「明日香エンド」ならコレは「マジメな奴!」で効果もあるけど、
実際は「柚希エンド」のプロットです。結末が決まっているなら、
ソコから逆算して心理描写を上手く魅せて欲しいって事。


ついでに愚痴ると、風間が死んだ後は2人の間に障害は無かった。
「ココで元通り付き合え!」なんて野暮な事は言いません。
風間の事を考えると気分的に疎遠になる雰囲気も分かります。
ただ、この「ト書き部分」をもう少し描いてくれてもバチは当らない。


「空白部分は原作で!」ってパターンは勘弁・・・

たとえ原作で描かれていようとも、アニメメディア単体で納めてよっ!と常々思う。
納まらないなら話数を延ばして欲しいし、話数が限定されてるなら
ボリュームに見合った話を構築すればいい。とにかく中途半端が一番マズイ!


しかし今作を振り返ると削れそうな無駄な処は意外と無かったり・・・
て事は、やろうとしてる事が最初から容量オーバー。
上で空白部分の愚痴を1つ書きましたが、他にもピックアップ。


広島・高1時代 青大と神咲七海との顛末は?
コレが一番エェェ~!と思った。てっきり回想でフォローしてくれるものだと
あの後、どんな経緯で青大と柚希は付き合う事になったんだよ~
この物語の根幹となる重要パートだと思えるけど、どうなの?


妹(枝葉懍)との確執はどうなった?
大学時代を観てると柚希の妹問題はほぼ解消してました。
柚希が無理に平静を装ってるのかと思いきや、そうじゃない。
一体、2人の間に何があったんだ!
妹も、青大に対して初めから好意を持ってると思えるし・・・


結局、柚希は何で広島に来たんだっけ?
もちろん妹との確執が原因なのは理解してます。
ただ中学時代、風間が救いの手を差し出したシーンで終わってるから。
この後にも、救い切れない事件があったのかな?


最後にどうでもいい良かった所を。

油断してたのか、11話のラストはビビった(笑)
このアニメ、積極的にミスリードを採用してて好印象。
他アニメでも、もっとやって下さい!


青大の訛った喋りは良かった!
広島弁の醸し出す「語彙の強さ」が良い味を出してます。
コレが標準語なら、弱々しい雰囲気になって何か違う。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。