アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年12月30日

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A(アニメ16話) 評価/レビュー

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話高鴨穏乃のレビュー画像

満足度は、5点評価で4点(良かった)


全国大会Aサイドの決勝進出2校が決定!
しかし白糸台以外の3校は何処が勝っても良いと思えるのは阿知賀の魅力が薄いのか、はたまた千里山・新道寺の魅力が優っているのか?
あと高鴨穏乃の描かれ方はこれで良かったのかな?『咲』としては珍しくキャラがずれてる気も・・・
以下、『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 16話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




決着方法に工夫を感じる!

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話高鴨穏乃・大星淡のレビュー画像1番盛り上がるのは1期で使ったオーラス大逆転なんだけど、そのパターンを避けてます。加えて大星淡の「負けん気の強さ」を上手に活用してる。1位狙いを捨てて他家からロン上がりしていたら、結果は敗退してるという皮肉な顛末。ウン、よく出来てる!


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話大星淡のレビュー画像結局、大将戦は「大星淡の一喜一憂」に焦点を当ててます。自信満々のキャラが「ぐぬぬっ」となる展開は普遍的に痛快で面白い。
最後、勝ち誇ってからのドンデン返しもあるから尚更です。上げて↑下げて↓上げて↑下げて↓、正にお手本通りの構成。
そんな訳で高鴨穏乃がアシスト役に廻ってる。でも大星淡に印象面で下回ってる事は穏乃にとって正解なんでしょうか・・・一応、主人公だし。


高鴨穏乃の能力・・・ナルホド、わからん。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話高鴨穏乃のレビュー画像作中でも言ってた通り「宮永咲カウンター」的な能力も兼ねてるんでしょう。そういう意味で、下準備としては凄く上手いと思います。でもね・・・発動条件に縛りを付けて欲しいとは感じます。例えば目前にあるヤマだけ支配できるとか。これならサイコロ次第でドラマが作れるし。


山の風景が写り込んだ瞳の演出は凄く良かった。
狙ってる静かな演出にマッチしてると思うので。
ただ、やるなら終局まで継続しても良い気もしました。
途中で普通の表情になったり不動明王みたいになったりで連続性を感じない。
ここら辺は事前にやってた10速ギヤとか100速ギヤが関係するのかな?


最後に身も蓋もない愚痴を。
この能力と静かな演出って、高鴨穏乃というキャラからズレている気がします。
言い方を変えると『らしくない』。たとえギャップを狙っているとしても、
損してるなぁと感じるのは自分だけでしょうか?


清水谷竜華について。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話清水谷竜華のレビュー画像やっぱり千里山の部長だけあって独自能力を持ってたんですね。紫色のグリグリ眼がカッコイイ!
「極限まで高めた集中力」なんだろうけど、怜を活用するならコッチをベースにすりゃ良かったのに。微妙に今更感が漂ってるから、魅せ場が死んでて勿体無い。


白水哩はやっぱり良い!

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A16話白水哩のレビュー画像まさか一瞬の表情だけで、こんなに惹きつけられるとは!鎖に縛られて格好良く戦ってる哩サンも素晴らしかったけど、優しい笑顔も別格です。


少ない登場時間に反して、登場人物の印象を強烈に植えつけてくれる『咲シリーズ』
是非とも『全国編』でも楽しませて下さい!



最後に。
12話(仮最終回)までの総括評価とレビューも終わってるので、宜しければ御一読を。
⇒『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A(アニメ) 評価/レビュー

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。