アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年01月14日

超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION(アニメ) 評価/レビュー

超次元ゲイムネプテューヌ THE ANIMATIONのレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

やっぱり声優って凄い


内容自体は可もなく不可もなく、もう1度観る事は無いです。ただ、キャラは可愛くて声優の凄さを再認識できたアニメ。

以下、『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




ぶっちゃけ世界感はよく分かりませんが、そんなの大した問題じゃない。
美少女キャラがキャッキャウフフして、定番バトルをやるってだけだし。
但し、定番をキッチリ押さえていてるので妙な安心感はありました。
ストレスを感じさせないのは悪くない。


もう1つ。
ネプテューヌとピーシェが別れるシーンで、何故だか目頭が熱くなりました。
ベタベタな場面なんですが・・・何でだろ?
お互いが泣きじゃくるとかでなく、余韻が残る静かな演出が良かったのかも。
最初ピーシェの事を「小煩いガキ」程度に思っていたので、目から鱗です。


プロの声優って、やっぱり凄い。

自分は声優に興味がありません。
なので中盤辺りまで、女神の変身前後で声優サンが2人居るのかと思ってた。
いや~ホントどっちが地声なんだろう?てか、どっちも作ってる可能性さえ有る。
最近ドラマを観なくなった原因に「登場人物が役者本人に見える」問題があります。
片やアニメの場合、外観が変わるからその心配が無い。
加えて声質までバリエーションが出せるなら尚の事。いやはや素晴らしい。


なんて言いつつ、ロムって子は直ぐ小倉唯サンだと気付いたり。
まぁ「咲の園城寺怜」がお気に入りだから流石に反応しちゃいました。
にしても小倉サンは声質のバリエーションが少ないのか、それとも
制作サイドから「是非、その声質で!」という要望なのか・・・真実は分からない。
結局言いたいのは『特徴のある声は諸刃の剣ですね』って事。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。