アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月02日

2013年で最もハマったアニメは『ラブライブ!』

ラブライブ!高坂穂乃果のレビュー画像2

2013年にあったアニメで楽しめた10作品を選出
どれも好きなのでランキング形式にはしませんが、その中でも1番ハマった・ヘビロテ視聴したアニメを1作品だけ選びます。


既にタイトル他でネタバレしてて茶番なんだけど、要は『ラブライブ!』について書きたいだけ(笑)
以下、続きます。





2013年、楽しませてもらったアニメは以下10作品です(順不同)
ストーリー系から7本、コメディ系から3本になりました。
個別の★評価とは全く無関係になってますが、そこは御愛嬌。


●ストーリー系
(未レビュー)ちはやふる2
(レビュー有)ラブライブ!
(レビュー有)翠星のガルガンティア
(レビュー有)進撃の巨人
(レビュー有)銀河機攻隊マジェスティックプリンス
(レビュー有)宇宙戦艦ヤマト2199
(レビュー有)ガッチャマン クラウズ
●コメディ系
(未レビュー)GJ部(グッジョぶ)
(レビュー有)私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
(レビュー有)恋愛ラボ(ラブラボ)


2013年で最もハマったアニメは?

ラブライブ!のレビュー画像2ズバリ、『ラブライブ!』です!
ぶっちゃけ現在進行形でヘビロテ視聴してる状態。まさかココまでハマるとは予想してなかった・・・2014年春クールで2期が開始するみたいですが、何とも恐ろしいコンテンツ!
ただ、ココに至るまでには経緯がありまして・・・


恐るべし、ラブライブ!の中毒性・・・

最初、単にアニメが面白いから繰り返し観てました。
⇒で、関連動画を漁っていたらμ'sのシングルPVに出会ってしまう。
 このPVの曲と映像に、アニメしか知らなかった自分は衝撃を受ける。
 『何というスルメ度だっ!
⇒で、次にμ's(三次元)のライブ映像に出会ってしまう。
 『何というパフォーマンス、スルメ度だっ!
⇒またアニメ視聴に戻り、以下ループ・・・


ちなみに、この間でラブライブ!という企画は下積みが長かった事を知る。
コレって、μ's(三次元)自体がアイドルドラマを体現してるじゃん
1期アニメ化が決まった時、さぞかし嬉しかった事でしょう(泣)
8話で1stシングルが流れた時、昔からのファンは嬉しかった事でしょう(泣)
自分は考えなしに観てたけど、確かに8話は9人揃った回でした。


最近、μ's(ニ次元)とμ's(三次元)の境目が曖昧になってきてます。
ライブを観る限り、きっと意識したコンテンツ作りをしてるんでしょう。
アニメがあってこそのμ's(三次元)なのか、
μ's(三次元)体現ドラマの一部としてアニメが存在するのか・・・
コレは初めての経験なので妙な感覚ですが、ポジティブに考えます。
『ドッチも楽しめば良いじゃない!こんなコンテンツは他にない!』


最後に。
自分は一時Perfume(パフューム)にドハマリしてたんですが、
キッカケが「ラブライブ!」と被ってます。
1つ、「ポリリズム」からハマった。コレはラブライブ!だと「アニメ」相当。
2つ、ブレイク前の楽曲が素晴らしかった。コレはμ'sのシングルPV相当。
3つ、ダンスパフォーマンスが独特だった。コレはμ's(三次元)のライブ相当。
4つ、ブレイク前の下積み期間が長かった。
で、興味が薄れていくキッカケは楽曲がドンドン平凡になっていったから。


言いたいのは、ラブライブ!というコンテンツも楽曲の出来が生命線
なんじゃないかと。自分がドハマリしたのもシングルPVとライブの影響が
大きいし、アニメ内の楽曲も全部スルメ度が高い出来でした。
今度始まる2期、物語レベルと同じくらい楽曲レベルにも期待してます。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。