アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月09日

WHITE ALBUM2(ホワイトアルバム2)アニメ 評価/レビュー

WHITE ALBUM(ホワイトアルバム)2のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

作り方が上手い


最後まで観た上で再視聴したら、違う楽しみ方が出来そうな構成だと思います。そういう意味で★6つ。

以下、『WHITE ALBUM2(ホワイトアルバム2)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




小耳に挟んだ情報だと、今作はゲーム原作で物語の序盤相当らしい・・・
エッ!ここからニ転三転させるドラマが続いていくの?
怖いもの見たさで興味はあっても、ぶっちゃけ「続編、大歓迎!」って
気分にはなってません。登場人物を嫌いになりたくないから。
そう思える程、絶妙ギリギリラインで三角関係を畳んでる。


ただ、もし続編があるなら『スクールデイズの真逆エンド』をやって欲しいかも。
下世話な表現をすると『春希・冬馬・雪菜の3Pエンド』ですけど。
冗談抜きで、コレに誘導していくベースは整ってるハズなんです。
冬馬は雪菜の事を「男だったら惚れてる」とまで思ってるし、
雪菜は「ずっと3人で居られる事」の優先度が高い。
春希については言わずもがな・・・
フィクションなんだから、こんな締め方があっても良いじゃない。
アニメ遍歴が浅いので、似たようなラストがあるならスミマセン。
結局、言いたいのは冬馬・雪菜2人共が幸せになって欲しい!って事
春希については、煮ようが焼かれようがどうでも良い(笑)


「倒置法」的な構成が上手い!

適切な演出呼称が不明なので、文章技法の「倒置法」と表現してるだけ。
要は『過程を後で見せてくれる構成』が上手いと言いたい訳です。
コレをやる事で、意図的にサラっと流していた前半部分は再視聴時に
違う視点で楽しめそう。特に冬馬と春希が絡むシーンで。


構成面だけじゃなく、この技法は細かい処でも随所に使ってました。
一見軽く流してるなぁと思えたシーンも、後でしっかりフォローしてくれてる。
上手く説明できませんが「痒い処に手が届いてる」作りは好印象。


ちょっとズレますが、文化祭での「最後、皆で作ったオリジナル曲・・・」も
その技法に近い。リアル視聴時は「見せてくれんのかいっ!」なんて思ったけど、
結果的にはオーラスで披露してくれました。
まぁ、自分が何を言いたいのか伝われば幸いです。


気付けば登場人物や三角関係に殆ど触れてませんが、
上で続編の妄想を書いたので察して下さい。確実に言えるのは、
『幸せになって欲しいと思えるドロドロモノって意外と無いですよ。』

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。