アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月21日

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-(アニメ) 評価/レビュー

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

潜水艦モノにハズレなし


嘘です・・・ハズレも有ったりする。でも今作については法則に違わない面白さでした。

以下、『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




このアニメも『深く考えたら負け』系なんだけど、
フィクションなんだし面白けりゃ何だっていいんです!
戦艦自体が擬人化しててヤヤコシイですが、メンタルモデルの
系譜としては『ファイブスター物語』のファティマかな?
間違った解釈ならスミマセン。


戦艦バトルがカッコイイ!

2つ要因が有って、1つは戦艦デザインがカッコイイ!得体の
知れない武装もカッコイイ!
これって「単純だけど真理」です。
もちろんカッコ良く魅せる演出技量だって貢献してる。


もう1つは、シッカリ知能戦も採用してくれてる!
上で『潜水艦モノにハズレなし』と書いたけど、そうなる背景には
隠密行動・三次元活用・密閉空間がポイントなんだと思います。
要は戦術ネタが作り易く、緊迫感も出しやすい。
実写映画だろうがアニメだろうがコレは変わらない。
今作も潜水艦の利点を活かして敵との駆け引きをやってました。
また酸素残量を使った定番ネタも、千早群像とイオナの関係を
絡めつつ上手に昇華してくれてます。


その他、些細な良かったこと。

「謎庭園」を使ったメンタルモデル同士の通信アイデアが面白い。
ベースが突き抜けた設定なので違和感なく溶け込んでました。
視聴者的に見易くなる親切設計で、物語を進めるのにも便利。


人間クルーの役割がフワフワしてる。

千早群像は艦長だから分かるとして、他4人の役割が今一つピンとこない。
恐らくイオナの補助的業務なんだろうけど、もう少し重要性を強調して
欲しかったかも。観てる限りイオナ1人で充分に機能してる風に写ります。
クルーが業務を負担する事でイオナのリソースが1点集中できる!みたいな
展開なら必要性が伝わるし、人間を載せていない敵に優位性も出せそう。


最後に関係のない話を。

強引ですが、戦艦つながりで『艦隊これくしょん』アニメ化について。
自分が興味を持ってるのは「どんな物語方式を採用するのかな?」って事。
勝手に思いついたのは以下3つで、
①今作みたいな連続ストーリー系。
②全キャラ総出のワチャワチャコメディ系。
③『戦国コレクション』みたいな毎話別主人公系。


で、1つ目は結構ハードルが高いと感じます。※今作はココに影響を与えてる。
2つ目は一番楽なんだけど、ローリスク・ローリターンは世の常。
そして3つ目、もちろん単話毎のエピソード精度は求められますが、
連続性を求めなければ自由度は格段にアップします。自分はこの方式で観たい!

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。