アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年03月20日

咲-Saki-全国編(アニメ10話) 評価/レビュー

咲-Saki-全国編10話宮守女子高校のレビュー画像

満足度は、5点評価で2点(微妙)


10話は、1話冒頭に繋がる宮守女子高校にスポットを当ててました。しかし山場のハズなのに、やっぱり気持ちが盛り上がらない...


以下、『咲-Saki-全国編 10話』について
ネタバレを気にしていないレビュー/感想です。





咲-Saki-全国編10話姉帯豊音のレビュー画像姉帯豊音サン、観てる限りはきっと良い子なんでしょう。ただ、どうにも形式的に思えて今一つ乗れない。車窓から出迎え4人が見えたシーンも、もう少し感情表現を演出してもバチは当らない。あの場面、表情一つ変えなかったからビックリしました。


エイスリンが仲間になる過程も同様で、とにかく形式的だし扱いが軽い。ベタでも良いから、1つ2つ出会いのエピソードを盛り込んで欲しかったです。


咲サン、空気になってますよ...

咲-Saki-全国編10話姉帯豊音のレビュー画像2姉帯サンは複数の能力持ちでした。これ自体は一向に構わないけど、弱点は準備しといてね、と。
現状ラスボスのポジションになってますが、禍々しいだけで今一つ迫力には欠けてます。新しいパターンとはいえ、盛り上がらない理由の原因なのかも。この「禍々しさ」にドラマを付与していたら違った見方も出来そうですが、そんな仕込みは無さそう。


咲-Saki-全国編10話宮永咲・末原恭子・石戸霞のレビュー画像片や圧倒されてる宮永咲・末原恭子・石戸霞の3人。末原サンはトップ陥落でスポットが当たったし、石戸サンは次週に魅せ場がありそう。でも咲サンが空気化しちゃってるよ~!もしかして最後だけ頑張っちゃうの?サブキャラを光らせるのは『咲』シリーズの真骨頂だと思いますが、バランス配分が少し悪い気もしてます。「長野編」「阿知賀編」とも、対局者同士の繋がりはシッカリ構築出来てたので。


関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。