アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年03月24日

世界でいちばん強くなりたい!(アニメ) 評価/レビュー

世界でいちばん強くなりたい!のレビュー画像

個人評価

星 2つ
★★☆☆
☆☆☆☆

勝負にこだわるプロレスモノ


反面、「アイドルのステージ」と「プロレスのステージ」は同義みたいな命題まで扱ってる。何だろう...このモヤモヤする感じ。

以下、『世界でいちばん強くなりたい!』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




プロレスをベースに、勝った負けたをやってる茶番臭。

1話冒頭で「ベルセルクは他のショープロレスとは一線を画している」
なんて説明があったからガチなのかと期待していたら、
まんま見栄え優先のプロレス技だったりする...
また萩原さくらと因縁のある風間璃緒やデビュー戦の相手がライバル
団体所属かと思いきや、同じベルセルク所属の設定...
ダメだこりゃ!根底がやっぱりエンタメ興業プロレスじゃん!


「アイドルで魅了する」と「エンタメプロレスで魅了する」という意味では、
作中で言ってた通り韻を踏んでます。これは悪くない...
ただソコに、勝った負けた・強い弱いという余計なガチ要素まで
組み込んでるから「何やってるの感」が半端ないワケです。そう、茶番!
ガチならガチ、エンタメならエンタメで通さないと興醒めですって!


技を掛けられてる時、とにかく五月蠅い!

1度だけ心の声と同時に喘いでいたから、きっと実際に出てる声なんでしょう。
まぁコレが酷く五月蠅くて、しかもクドい!
苦しいのを表現したいなら、もっと演出面で工夫しろよっ!と言いたいです。
エフェクトを掛けて心中の喘ぎにするだけでも、改善されると思いますよ?


似たような愚痴をもう1つ。
痛いのを表現したいなら、もっと演出面で工夫しろよっ!と。
要はプロ選手に「痛い!痛い!」なんてワードを連呼させるなって事です。
上で書いた通り、きっとコレも実際に出てる声なんでしょう。
視聴者目線=場内の客目線と考えた場合、こんな甘々な選手が居たら
嫌すぎるでしょうに...少なくとも自分は不快でした。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。