アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年04月13日

ぎんぎつね(アニメ) 評価/レビュー

ぎんぎつねのレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

ハルが可愛い


ハズレ回は無いんだけど、スルメ度も感じないアニメでした。但し、神尾悟とハルのエピソードは除きます。

以下、『ぎんぎつね』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




本音を言えば「★4以上★5未満のアニメ」って感じ。
恐らく神尾悟とハルのエピソード以外は内容を忘れそう。
それ位、強く印象に残るエピソードが無かった気がします。


割と銀太郎が傍観者ポジションだったのは意外でした。
もっと積極的に絡ませてくると思ってたから。
どちらかと言えば人間中心の物語であり、神使は添え物扱い。
極論を言えば、銀太郎が居なくても成立しちゃう内容とも思えます。


もしかしたら、"まこと"の父親が銀太郎の存在を薄めちゃってるのかも。
物語の立ち位置・キャスティングが被ってる的な感覚。
だって普通に良い父親なんだから..."まこと"と銀太郎の関係を
強調するには邪魔になっちゃうデメリットを感じます。


悟・ハル・銀太郎のエピソードは良かった!

ぶっちゃけ内容自体はベタベタです。でもソレが良い!
上で愚痴った"まこと"と銀太郎の関係とは違い、悟にとってハルは
唯一の支えでした。同時に、見守ってきたハルにとっても悟は
かけがえの無い存在になってる。この辺りを上手く視聴者に魅せてる。


未だ幼いハルと、長く生きてる銀太郎との対比もよく出来てます。
人間と神使の寿命の違いを達観してる銀太郎は切ない。
そして瞬間を生きてるハルに眩しさを感じちゃう銀太郎も、また切ない。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。