アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月14日

化物語(アニメ) 評価/レビュー

化物語のレビュー画像

個人評価

星 7つ
★★★★
★★★☆

演出の貢献度が高いアニメ


不思議と釘付けにさせられて、また観たくなるスルメ度を感じます。自分の中では、感情の振幅度が小さいのに反して高評価にしてるレアケースの1つ。

以下、『化物語』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




なんと表現したら良いのか・・・こんな作風のアニメを今まで観た事が
無かったので『衝撃』の一言です。物語の優劣は感情の振幅度で
左右されると思っているけど、泣けたり笑えたりできる内容では無い・・・
話的にすごいオチがある訳でも無く、怒涛の展開!次回乞うご期待!って
煽りに頼ってないのに、惹き込まれて釘付けになってる自分がいる・・・


また、普段なら毛嫌いしそうな台詞の言い回しも全く気にならない・・・
この独特の雰囲気、世界観の成せる業なのでしょうか?
演出の貢献度って大きいな、と再確認できたアニメです


本来、違和感のある口調や台詞内容はすっごく気になって、
自分にとってフィクションモノを観る時の重要ポイントなんです。
このアニメの台詞を文字化して読んだら相当に癖のある部類に
入って違和感MAXじゃないのか、と。(小説は未読なので只の妄想)
でもね、むしろこんな会話をニヤニヤしながら楽しめちゃってる訳です
てか、このアニメの魅力は会話劇に集約されてるのかもしれません。
まぁ素直にひたぎサンのSッ毛ぶりに100%M気質人間が反応したって
認めちゃえば、全てが説明できる気がしてきました。冗談だけども。


相変わらず内容に触れない薄っぺらな感想だとは自覚してます。
高評価を付けてるならもっと語る事が無いのかい!
って自分にツッコミを入れたくもなりますが、今回はこの辺りで・・・
再視聴した時に思いついたら随時修正していく事にします。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。