アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月19日

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)アニメ 評価/レビュー

GIANTKILLINGジャイアントキリングのレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

過剰に期待しちゃったアニメ


勝手に過剰な期待をして勝手にガッカリしたから「普通」評価になってるだけ。スポーツのリアル描写と渋い駆け引きネタなどは、客観的に考えればもっと高評価に値するだろうと思ってます。

以下、『GIANTKILLINGジャイアントキリング』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




『ジャイアントキリング』って単語をこのアニメで知ったニワカの
サッカー好きですが、1話で『弱者が強者を倒す』的な描写説明を
観た時のワクテカ感といったら・・・でも、あれ?


リアルな描写と監督目線でのストーリー展開は新鮮でした
チーム裏方側の苦労を描いたりサポーターサイドも描いたり、
弱いチームなんだから当たり前のように連敗もする。
必殺シュートも無く身体能力がおかしいキャラも当然いない・・・
良い意味でとったら素晴らしくリアルだなあ、と。でも、悪くとったら
選手起用とか戦術などリアルなんだろうけど、とにかく地味!渋い!
に尽きます。


必殺技を入れろとか思ってません。スポーツのリアル描写は大歓迎。
ただバルサ筆頭に現実にあるスーパープレイ集を見るだけでも
ワクテカできる事を考えれば、アニメならもっとそういうシーンを
魅せて欲しかった・・・(スーパープレイ描写はあったかもしれない、
でも印象に残って無いので・・・)


終盤のガンナーズ戦も展開的に盛り上げてくれたし、頑張れって気分
にもなりました。でも、全体に漂うプレイ描写のモッサリ感、爽快感の
無さはちょっときつい


プレイ描写とか些細な不満は置いといて、最大の不満がタイトル倒れ・・・
やっぱりJ1という同じ土俵のチーム戦ではインパクトが弱い気がします。
最下位チームが常勝チームに勝利するパターンなんて、現実にいくら
でもありますからね。かなりガッカリです・・・


以下、原作は知らないけどこれぞジャイアントキリング!って妄想です。
ある程度の成果を得てチームを去るタッツミー。やさぐれ選手集団の
田舎弱小クラブを見出し、同じくチームを追われた椿と合流。
戦術・連携を徹底的にたたき込み向かうは天皇杯。監督采配と選手の
開花したポテンシャルでJ2・J1勢を相手にミラクル連勝、いざ決勝の
舞台・・・相手は!ベタですね・・・でもこうゆう展開が大好物なので
タイトルの意味と1話の説明から変な期待を持っちゃった訳です。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。