アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月24日

喰霊-零-(アニメ) 評価/レビュー

喰霊-零-のレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

美少女チャンバラアニメ


「美少女・セーラー服・日本刀・スタイリッシュ」が企画のメインで、高尚と思わせたいから悲哀的な味付けで料理しよう!程度のノリしか印象に残りません。1話で視聴者を釣るような労力を違う方向で使って欲しかったです。

以下、『喰霊-零-』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




なんか高尚な雰囲気を匂わそうとしてるけど、制作側のやらしい意図が
透けちゃって滑ってる感じ・・・極論、「美少女2人がセーラー服を着て、
日本刀でのチャンバラをスタイリッシュに描きたい」って意図は伝わりました。


どこで戦うにもセーラー服。剣の腕は充分あるにも拘わらず、変な仕込み刀を
持たせてみたり。日本刀を武器にする理由の為だけに、霊獣やら退魔師やら
の設定をネジ込んだんじゃないの?って思えるくらい、背景描写が放置状態。
当主・分家とか退魔師の家柄に関わった葛藤が話のベースにあるハズなのに、
何をやってる連中なのか
サッパリ伝わってこない
神楽の親父なんて、神出鬼没で只の御都合キャラ。


防衛省・環境省やら如何にも仰々しい機関を出して話を大きくしてるから、
より一層のこと退魔師の位置付けが曖昧になってます。
そんな薄っぺらい背景の中、唐突に後継者とか政略結婚の葛藤話を
やられても、すごく形式的で上っ面感を覚えます。


霊獣の扱いもひどい。ホントに見せ場が無く、バリア代わり・逃走用くらい?
最強らしい霊獣白叡なんて噛付く位しか技が無くて、下手をしたら鎖のせいで
戦闘の邪魔までする始末・・・美少女チャンバラの犠牲者ですごく勿体ない
霊獣の価値も安く描写しすぎ!「乱紅蓮」は刀を持った人がすぐ主人になるし、
「白叡」の継承は何の苦労もせず、アッサリとイヤリングにしちゃいました・・・


防衛省・環境省の面々も美少女チャンバラの犠牲者です。余りにも無能で
弱者に描写されててパワーバランスを度外視。とにかく、美少女が強くて
格好良く写ればOK的な浅い意図を感じます。


そもそも黄泉は何で神楽を含めて省庁の奴らと戦う必要があったんだろう・・・
殺生石って人間の深層にある憎悪を増幅させるアイテムと解釈してて、
冥の行動及び黄泉が冥の親父を倒すのは納得。
でも、神楽以下省庁メンバーに恨みを抱いてる描写って無かったんじゃ・・・
1話の釣りからどう繋げてくるのか期待してましたが、ちょっと無理を感じます。
殺生石みたいな安易なアイテムに頼ってる時点でどうかと思いますが、
そのアイテムの効果すらフワフワしてるのは・・・


いろんな描写を削った分、神楽と黄泉の関係描写に時間を使ってます。
省庁が秘密で活動してるような大きな話の中で、こんなもん悠長に
見せられてもなんだかなあ・・・その過程もテンプレ的で、特にコレといった
エピソードも無かったし。
ちなみに神楽が「黄泉」って呼び捨てする事にずっと違和感を感じてました
神楽の性格と小さい時の印象から、「おねえちゃん」と呼ぶのが自然の流れ。
ま、ここぞって時に神楽にそう呼ばせたい!泣かせるアイテムとしての仕込み
と思えちゃうのは自分だけ?


神楽の甘々な性格にもイライラ。知人とはいえ、バケモノ化した相手を倒すのに
躊躇するってどゆこと?厳しい親父に退魔師として何を教わってきたの?ラスト、
黄泉を倒す事でその覚悟が出来る構成でしょうけど、遅いわ!って思う訳です。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。