アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月03日

猫神やおよろず(アニメ) 評価/レビュー

猫神やおよろずのレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

愛すべき登場人物たち


もしかたら、ゆるキャラ系アニメの中だと最上位かもしれない・・・とにかくツボでした。
ポロリもあるよっ!(嘘は言ってない)

以下、『猫神やおよろず』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




当ブログの評価において「質」云々の目線は一切ございません。
どんなジャンルであろうと自分の満足度が全てです。
いつもなら★4つ(普通)にして空気化を心配してそうなエンドレス系なのに、
この『猫神やおよろず』は一味違う・・・続編が観たい!この世界に浸りたい!


妙に心地良い世界観!

猫神やおよろずマユ・古宮柚子のレビュー画像どこが琴線に触れるのだろう・・・思うに「愛すべき登場人物たち」って所がポイントかも。特定のキャラが好きって訳じゃなく、皆が揃うことで成立する感覚。
右画像で伝われば幸いですが、皆が集まり活き活きした姿を観てるとコッチも心地良くなれる訳です。実際は八百万堂に集まってくる訳だから「マユ」と「古宮柚子」の存在は重要だけど、見事に役割を果たしてます。
猫神やおよろずマユ・古宮柚子のレビュー画像2この2人を観てると「溜まり場」と成り得る妙な説得力を感じるし、特にマユの魅力は意外でした。
グウタラだけど慕われる・・・この特徴って『こち亀の両さん』に通じる属性だけども、意識してた?
何にせよ短い話数でも魅力は伝わりました。
仲間が自然に集まる「溜まり場感覚」をリアルと重ね合わせる事も、心地良さを演出してるのかも。


意外に工夫してると思えた事をザックリ2つ。

1つ目は『意外とハートフル』
このジャンルなら終始コメディのドタバタパターンが多いけど、
シリアス寄りのハートフルエピも意識しています。
個人的に「マユと柚子の出会い」に興味があったので、
中盤辺りにハートフルエピで紹介してくれて満足。


2つ目は『エピソードの連続性』
このジャンルなら「単話完結それっきり」パターンが多いけど、
物語の連続性を意識してると感じます。
序盤はエンディング前の引きを上手く利用してたし、
ナンプラー・ふじつぼ饅頭などの小ネタでも連続性を出してます。
『ポロリ!』なんて一発ネタかと思いきや、もはやゴン太の代名詞扱い(笑)
猫の小鉄も、回想エピ以前に柚子の夢で名前だけ登場してたり。
「連続性に意味がある?」って言われそうだけど、エンドレスループ系の
雰囲気に一味加えるスパイス程度には効果が有るハズ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。