アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月05日

ノウイング(Knowing)映画 評価/レビュー

ノウイング(Knowing)のレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

オチで肩透かし


ミステリーと人間ドラマを混在させて、どちらも中途半端な仕上がりになってる印象。「ザ・微妙」です。

以下、『ノウイング(Knowing)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




いかにもニコラスケイジっぽい映画だなってのが第一印象。
これは悪い意味じゃなくて「安心感を覚える」という良い意味。
「ナショナルトレジャー」のイメージが残ってるせいか数字の
暗号が出てきた時にワクテカしちゃいました。
でも、そっち系の話じゃ無かったんですね・・・ちょっとガッカリ


観てる最中は飛行機の墜落現場に駆けつける主人公に対して、
オイオイ危ね~だろとか思っちゃいましたが、冷静に振り返ると
奥さんを火事で亡くしてる事もあるし、1人でも生存者を救いたい
って想いは普通にあって然るべきだな、とちょっと反省。


最後まで観ちゃえばこの映画の本質が人間ドラマだった事が分かりますが、
そこはニコラス兄さん!ラストで何か起してくれるんじゃ・・・
なんて頭の片隅にありました。でもそんな予測は見事にハズレ。
女の子の母親が主人公とくっついてハッピーENDかと思いきやお亡くなりに・・・
主人公がミラクルで地球を救うと思いきや、そうで無かったり・・・


あの宇宙人は未来が予言できたって事だろうけど、
地球を救おうって発想は無いんですね・・・何が目的だったのでしょうか?
神様的な存在で、在るがままを受け入れろって事なのかな。


でも50年前の少女に予言を囁いていた意図は何なんでしょうか?
解読して未来を変えてみろって、助け舟は出してたのかな・・・
上手く伝わって人類が真剣に対策を始めれば・・・いや、良い方向に
考えすぎですね。そもそもどんな事が起こるかまでは伝えて無いので、
この考えは無理がある。やっぱり導入でミステリー感を出すための
只の小細工ですね。黒い小石も意味ありげに登場させてましたが、
ミスリードを狙ったんでしょう。「お前たちを見てるぞ」っていう
宇宙人のメッセージだったみたいですね。


結局、ミステリーと人間ドラマを混在させてどちらも中途ハンパな
仕上がりに思えるのが残念です

最後、主人公親子が抱き合って終わるシーンも、もっと背景描写に
時間を使っていたなら違った感情が沸いてたかもしれません。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。