アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月21日

School Days(スクールデイズ)アニメ 評価/レビュー

SchoolDays(スクールデイズ)のレビュー画像

個人評価

星 6つ
★★★★
★★☆☆

観ていて心苦しくなるアニメ


誠・言葉・世界の3人に、各々違った心苦しさを覚える奇妙なアニメ。これは褒めてます。ここまで奇妙な感情を動かしてくれる物語なんて滅多に無いですから。心苦しくなると知りつつも、怖いモノみたさで是非もう1回観たい!

以下、『SchoolDays(スクールデイズ)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




「誠〇ね!」ってフレーズをよく見かけたので気になって視聴しましたが、
ナルホド~!理解しました。確かに酷い・・・酷いのですが・・・


実は誠の行動が妙に生々しくて、変な所にリアリティを感じちゃいました・・・
男目線で「なんか分かる」みたいな。メンドクサイ・エロ先行・優柔不断なんて、
男の駄目な所を惜しげもなく搭載している誠を観るにつけ、なんか申し訳ない
気分にさせられます。M気質なので誠の行動に心苦しさを感じつつも魅入って
しまいました。


3話ラスト、「なんか・・・疲れる」って誠のセリフは印象的です。そこまでは
テンプレの三角恋愛モノだと思っていたので一転して不穏な空気を漂わせる、
かなりインパクトのある締め方でした。


にしても、終盤の誠ハーレム状態はいったい何だったんでしょう・・・
刹那だけはガチ百合の展開だと思っていたので、ちょっとガッカリ
そもそも誠がモテる男に思えない所がずっと引っ掛かる。女キャラの行動が
ユルく映らない程度に、誠のモテる背景には説得力を持たせて欲しかった・・・
ま、こんなアニメ如きに倫理観も糞も有りませんが、男キャラに妙なリアルを
感じたもんだから女キャラにも求めちゃうのかな。それが今時のリアルだ!って
言われると返すコトバはございません・・・


先に不満ばかり羅列して印象が悪いけどそんな事はありません!
誠・言葉・世界の3人絡みの話だけなら心苦しいと思いつつもかなり楽しめました。
世界については、キッカケは酷いにしろ真面目さ・罪悪感はちゃんと伝わってきます。


で、何といっても「言葉」の描かれ方が秀逸。この子ってホント何も悪くないんじゃ・・・
この辺りが「誠〇ね!」って言われる所以なんでしょうけど、クラスでのイジメも
相まって精神が病んでいく感じがビンビン伝わってきます!
内心、イジメグループが文化祭の密室を使ってヤバイ事を企んでるんじゃないかと
ヒヤヒヤでしたが、流石にそこまでは無かったので安心しました。
こんな心配をしてる時点で制作側の狙いにハマってる証拠ですね
でも澤永と×××するシーンって必要だったのかな?なんか浮いてるような・・・


最後に、不謹慎ではありますが最終回はスッキリしました
救いも何もなく2人のヒロインが哀れに思えてなりませんが、
実の所こうなる結末を望んでいたのかも・・・うん、病んでるな。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。