アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月10日

天空の城ラピュタ(アニメ) 評価/レビュー

天空の城ラピュタのレビュー画像

個人評価

星 7つ
★★★★
★★★☆

冒険活劇の優等生


既に何回も観ている訳だから本来なら★8つにすべきですが、再放送の度に毎回観るぞって気が起こらない点を考慮して★7つにしてます。

以下、『天空の城ラピュタ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




テレビでやってたのを観ました。ニューマスター版らしいですけど、
面白ければ作画なんてどうでもいいスタンス。
それ以前に、そんな違いが分かるほどコアなファンでもありません。


過去に何回観たか数えてませんが、今回は久しぶりに観た気がします。
うん、やっぱり面白いエンタメアニメの王道隙が無い海外でも
違和感なく通用しそうな普遍的な作り
!泣けるポイントがある訳じゃなく、
サントラを聞いてるだけで目が潤む。まさにパブロフの犬状態!


うっ・・・書く事が無くなっちゃいました。そう、面白い事に異論は無いですが、
印象に残ってる強烈なシーンは意外と無かったり。上で久しぶりに観たと
書きましたが、再放送の度に毎回観ようとはなりません。
対して同じ宮崎作品の『ナウシカ』『カリオストロの城』は毎回観てます。


両者間で何が違うのか考えた時、思い当たるのが印象的なシーンの強度。
細かいシーン説明は省きますが、ラピュタに足りなく感じるのは疾走感!
痛快感!あと小さい事だけど独特のチャンバラ描写。きっとラピュタで感じる
面白さは、王道・優等生的な作りがウェイトを占めてるんだと思います。
断っておくと、宮崎映画の中で3番目に好きってだけで高評価同士での話。


改めて思うのは、宮崎さんの本質はやっぱり広義でメカオタ・狭義でミリタリー
オタだなと。年月が過ぎてもデザイン・ギミック描写には惚れ惚れします。
その点において最近のジブリ映画はすごく残念・・・もう欲望の赴くまま、
メカ・ミリタリーに特化してる物語を是非とも観たいです。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。