アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月17日

借りぐらしのアリエッティ(アニメ) 評価/レビュー

借りぐらしのアリエッティのレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

ヤマなし、オチなし


なんか勿体無いと思えるのと感情を揺さぶられない退屈さが相まって、かなり愚痴も出ちゃいます。昔のジブリなら、この題材を使って冒険要素・ハートフル要素の両方を満足させる芸当をやってた気がしてなりません。

以下、『借りぐらしのアリエッティ』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




テレビでやってたのを観ました。『天空の城ラピュタ』放送の翌週に
持ってくるのは、ちょっとハードルが上がってて可愛そうな気もします。
ま、「ラピュタ」との比較は一切抜きにして感想キーワードは「退屈」。


「小人」が登場するベース、キャッチは興味を惹かれて良いです。
なのに何故こんなに淡々としたイメージしか残らないのでしょう・・・
印象的なシーンは?と聞かれても全く浮かんでこない。これがこの
アニメに対する感想の答えです。恐らく死んだ魚のような目で画面を
観てたのでは。それ程までに感情を揺さぶられませんでした


冒険寄りでもハートフル寄りでも無く、すごく中途半端!

どっちの要素も盛り上がるヤマが無く、オチもあっさり引っ越しで終わり・・・
これならヤカンで流された後、スピラーも加わって冒険モノにした方が
よっぽど面白い話が出来そうですね。てか作って欲しい!
ラスト、翔を新居に招待するオチで良いので。


何が物足りないのか考えたら、まず小人の生活描写に時間を取り過ぎ。
生活小物を利用したジブリお家芸のギミックを披露したいのは伝わるけど、
そこがメインなの?って感じ。下手したら半分くらいの時間を掛けてるかも。


次にドールハウスの使い方。代々に渡って小人の為に準備してあるって
説明までしておきながら、キッチンだけを「雑」に利用・・・いやいや!
勿体無いでしょ!最後上手い具合に利用しましょうよっ!絶対ラストへの
伏線だと思ってました・・・ホント、ガッカリです。ドールハウスを渡されて
ウットリするアリエッティの母親が目に浮かびます。


翔というキャラも弱い。死を覚悟してたけど、アリエッティに出会った事で
生きたいと強く願うようになる描写をもっと盛り込めれなかったのか。
ラストにそれっぽい事を言っていたけど全く響いてきません。


「人間に見られたら引越す」って縛りを、最後まで貫いたのが微妙。

総合的に不満をまとめると、コレに集約されるのかも。
家政婦を除いて小人歓迎派だったので、途中で共存する流れに変化させる
プロット案は無かったのかな?翔に役立たず感を覚えるのはコレが原因かも。
おばあさんに話せよ!アリエッティを説得しろよ!最終的にはスピラーとか
仲間も呼んで、「小人の楽園」になるようなベタなオチでも良いじゃない。
逃げるように引っ越すラストシーンより全然マシです。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。