アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月29日

君に届け(映画) 評価/レビュー

君に届け(映画)のレビュー画像

個人評価

星 3つ
★★★☆
☆☆☆☆

どうしても邦画クオリティ


原作を知らない自分にとって、映画という限られた時間ではいろいろ描写不足に思えて微妙。でも物語の基本設定は嫌いじゃないので、アニメ版の方を観る動機付けにはなりました。

以下、『君に届け(映画)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




テレビでやってたのを観ました。レビューで書いたことが
実はカットシーン内で描写されてたなら申し訳ないです・・・
でもノーカット版を是非とも観たい!とまでは感じないので、
それまでの映画って事で。


まず不満な点から。
主人公は純粋って事なんだろうけど今ひとつ伝わらない・・・
どうしても、ちょっと足りない子に思えてイライラを誘います。
嫌なあだ名を付けられてまでロングヘアーに拘る背景がシックリこない・・・
可愛いから髪型変えれば?なんて思えちゃう訳です

観てる側にこう思わせたら、この物語は終了って気もします。


他生徒によるサワコへの接し方もいちいち大袈裟すぎて、
如何にもフィクションだなって描かれ方。
きっと怖がる裏付けとなるエピソードが抜けてるからかも。


とまあイライラしつつも、なんだかんだでサワコの事を応援してた自分がいます。
髪をまとめたらギャップが効いてて可愛いし、マジメちゃんだし。
本当は『プリティウーマン』的な展開があったらニヤニヤ出来たのでは?
憧れである男子生徒がサワコみたいな子に好意を寄せていて、
周囲の嫉妬を買っちゃうけど実は可愛かった!チクショー!みたいな。
個人的にこうゆう展開が好きなもんで・・・


女同士の友情のくだりはちょっとだけ感動。ベタでも嫌いじゃないです。
最後はハッピーエンドだったので、途中ウダウダしたけど結果スッキリ。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。