アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年05月24日

Another(アナザー)アニメ 評価/レビュー


Another(アナザー)のレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

期待してた展開となんか違う


余計なヒューマンドラマを排除して雰囲気重視の初見勝負に賭けてると捉えました。期待した展開と違ったのでガッカリ感を覚えたものの、そこそこ楽しめました。

以下、『Another(アナザー)』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




シッカリしたミステリー原作って事で開始前の期待値が高かった分、
観終わった後のガッカリ感・「なんか違う」感は大きいです・・・
それでも序盤・中盤は先が見えない展開で楽しめました。
ザックリ分ければ2段階構成なのかな。


1段階目は「鳴」とクラスメイトのミステリー。

ココは別に引っ掛かる所もなく、種明かしされた際はナルホド!と。
もしかしたら凝った映像トリックも仕込んでいたのかも・・・
ま、再確認したいとは思いませんが。
榊原が「いない人」にされてから、徐々に「鳴」と親しくなる流れは良かった
個人的には下手な恋愛ストーリーより、こうゆう描写の方がグッときます。


another(アナザー)見崎鳴のレビュー画像にしても6話で机をバーンと叩いてからの流れが妙な音楽で増幅されて面白すぎ!あの時点で2人は授業中に何をやっても無視される状況だったし、同士を得て癒された状況だったので本気で「鳴」が覚醒したのかと思いました。本編全部を再視聴する気は無くても、このシーンだけなら何度でも観れそう。


2段階目は3年3組に起こる「現象」そのものに対するミステリー。

ココが最初に期待してた展開と違っていた訳で、「現象」自体の謎を
解明してくれると思ってました。でも実際は「現象」を止める手段である
「死人探し」となってしまい、加えて「鳴」の左目チートまで登場。
もちろん当事者にとって被害を止める方法を探す流れになるのは仕方無い。でも、
「死人を判定する手段探し」ではなくバトルロイヤルに突入しちゃうのは・・・
突如モブから昇格した小椋って子なんか、「おっ!可愛いじゃん!」
なんて思ってたら豹変してブリッジ状態でお亡くなりに・・・
このバトルロイヤル展開は同時進行してたり唐突感があるので、
かなりゴチャゴチャしてます。この合宿所での殺し合いを静かな演出にして、
誰が犯人か分からない疑心暗鬼状態にしてたら相当面白そうですが・・・


「鳴」についてもコミュ障キャラを利用しまくりで、全くスッキリしない・・・
せめてもっと早く榊原に相談しましょうよ・・・ま、なんやかんやで
今年度の「現象」は終結?来年以降の事なんか知ったこっちゃない?
せめて死人の判定方法でも発見していたら救いもあるけど。


細かい愚痴は一杯あるけどキリがないので止めときます。
そのせいで本筋に集中できないレベルでも無いし・・・
でも最後に、不満点を2つほど。


1つ目は、周囲の人間が次々に死んでいく事へのリアクション
シーンが切り替わったら、意外とみんな普通だったりします。
余り過剰にガクブル描写されても困るけど、それにしても冷静すぎ。
心が壊れて魂が抜けてるって感じでもないし・・・


2つ目は、意外と印象に残るシーンが無いって事
三神先生=玲子さん=死人と判明するラストシーンも、本来ならもっと
強烈なインパクトがあって然るべきなのに、個人的には醒めてました。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。