アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月30日

ましろ色シンフォニー(アニメ) 評価/レビュー

ましろ色シンフォニーのレビュー画像

個人評価

星 5つ
★★★★
★☆☆☆

意外に純愛ストーリーでビックリ


其れなりにサービスシーンは有るけど、最初の勘違いを見事に覆してくれました。期待してないアニメで切ない恋愛話を堪能できて満足。

以下、『ましろ色シンフォニー』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




観終わっての率直な感想は、「予想してたより良かった!」です。
よくあるハーレム物と思い込んで勝手に期待値を下げてたので。


確かに舞台は典型的なハーレム物。でも、何かが違う・・・
主人公「新吾」が自然な感じに描かれてて、割と好感が持てるんです
本人に自覚が全く無い所であちこちフラグが立つのも納得。
ハーレム物の主人公はどうしても鈍感に描かないと話が進みませんが、
「新吾」については余り無理を感じない。
まぁ女に興味が無い描かれ方とも言えるけど。


最初「愛理」との話を進めてて最終的に「みう先輩」とくっつく流れについて、
「なんでぇぇ~!」となる人も多そうです。
でも「新吾」は序盤から「みう先輩」の事だけ意識してると思えてました。
なので、個人的には最終的に2人がくっつく流れは自然に思えて納得なんです。
そんな過程で「愛理」と「紗凪」の切ない片想いを描く・・・ウン!良い構成!
後半で気付きましたが、かなりの純愛ストーリーじゃないですか!目から鱗です。


但し!「新吾」と「愛理」2人のお風呂イベントだけはやり過ぎ!
(そりゃ、そのシーンでニヤニヤしたのは否定しませんが・・・)
このイベントを放置したまま先に進むのは、流石に「新吾」を擁護できない。
出来れば、切ない片想い描写を終始一貫して欲しかったです・・・


もう1つ些細な愚痴を。
本筋と関係ないけど、2つの学校がまとまっていく過程のエピソードを
もう少し観たかったです。てか男子生徒の必要性をもっと痛快に
アピールするシーンが観たかった!
その過程で「愛理」が合併に反対する理由を掘り下げて欲しかったし、
併せて「新吾」に惹かれるシーンも作れるだろうし。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。