アニメの評価基準
--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月31日

君と僕。(アニメ) 評価/レビュー

君と僕。のレビュー画像

個人評価

星 4つ
★★★★
☆☆☆☆

序盤さえ凌げば意外と楽しめる


大きなヤマ・掴み処が無くて終始フラットな展開。こんな表現をしたら酷評とも取れますが、マイナス感情は覚えず意外と楽しめたから不思議です。メリーと千鶴が良いアクセントになってました。

以下、『君と僕。』についてネタバレを気にしていないレビュー/感想です。




内容云々以前の問題で、全話を視聴させる為の障害は結構あります。
まずタイトルから勝手にBLモノだと連想してしまい、観る以前に脱落。
次に男子高校生中心の日常モノって所で、一部の層は観る以前に脱落。
で、いざ観始めても「マッタリ進行」と「内容の薄さ」が肌に合わず脱落・・・
一体どれだけ視聴者を振るいに掛けてるのか、と。


内容は「男子高校生あるあるネタ」系かと思っていたら違っていて、
脱力系の日常を描いてる感じ。てか双子の存在自体が既に脱力の塊。
このキャラ設定が肌に合わない人もかなり多そう・・・


脱力描写については滑ってる感も否めませんが、時折ツボにハマるシーンが
有ったのも事実です。淡い恋愛描写も入れてきてるからアクセントは効いてる。
序盤、幼馴染4人組みだけの起伏が少ない話でどうなるのかと思いましたが、
メリー・千鶴の2人が合流してからは解消。ココからが本編って感じかも。


ただメリーと合流する導入部はもうちょっと上手く描いて欲しかった・・・
不器用さの表れかも知れないけど、ちょっと無理矢理な展開。
あと、祐希が食堂のお姉さんに惹かれる感じが今ひとつピンとこない・・・
祐希目線で「跳ねた髪の毛」に焦点を当ててましたが、どゆこと?
寝オチして重要なシーンを観損ねたのかな。

関連記事
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

satrie

name:satrie
ジャンル・新旧を問わず何でも観ます。
作画・音楽・声優には興味が有りません。
十分条件であって必要条件では無い訳で。
とにかく総合的に面白い話が観たい!
ズレた愚痴の多いレビューですが、
ゆっくり見ていってね!

Q
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。